Uber、インドでAirtelと提携:「車内無料Wi-Fi」をようやく提供:ホテル送迎車との差別化

配車アプリでお馴染みの「Uber」とインドの通信事業者Airtelが2015年8月20日に提携を発表した。

今回の両社の提携によって、インドでのUber利用時においてAirtelが提供している「Airtel money」(おさいふケータイのようなもの)での支払いが可能になった。「Airtel money」で支払いをすると、500ルピー(約1,000円)割引になる。AirtelとしてはUberを利用するインド人に割引をトリガーにして「Airtel money」を利用してもらうことが狙い。

もう1つが、ムンバイのUberでは、車内で無料Wi-Fiが提供されるようになる。無料Wi-FiはAirtelの4G(LTE)回線を利用する。

■ようやく提供されるようになったUberでの無料Wi-Fi

インドのUberでようやく無料Wi-Fiが車内で利用できるようになった。まだムンバイのUberだけでしか利用できないが、これから全土に展開していくようだ。

それではどうしてUberは車内での無料Wi-Fiを提供するようになったのだろうか。それはインド、ムンバイの交通渋滞が酷いからで、Uber利用者への利便性向上による差別化であろう。最近インドでは配車アプリはソフトバンクが出資しているOlaなど競争が激しい。

さらに、インドでは2014年12月にデリーでUberの運転手が25歳の女性をレイプして、営業停止処分になった。最先端なグローバル企業と思われていたUberでも、運転手がレイプを起こしたことはインドで衝撃的な事件だった。今でもまだインドでは大きな話題で、2015年8月にはインドUberのトップがBBCニュースに出演して遺憾の意を表明している。

Uberとしてはインドでのイメージ改善と新しいサービスの提供で差別化を図りたい。しかし、一番Uberが強調したいのは、ホテルの送迎車への対抗であろう。

■新興国の交通渋滞でも車内でのおもてなし「ホテル送迎車のサービスとしての無料Wi-Fi」を利用している顧客層を取り込みたいUber

インドだけでなく新興国では空港からホテルや、ホテルから目的地まで、ホテルの送迎車で移動することが多い。そして新興国のホテルの送迎車は交通渋滞への不満解消とサービスの観点から、送迎車の車内で利用できる無料Wi-Fiを提供している。

ホテルとしても交通渋滞だけは、自らの営業努力ではどうにもならないので、せめて交通渋滞の不満を解消してもらおうと車内での「おもてなし」に無料Wi-Fiを提供していることが多い。

送迎車に乗ると、IDとパスワードを教えてくれて、それをスマートフォンやラップトップに入力して、無料Wi-Fiに簡単にアクセスできる。そして長い交通渋滞中でもメールチェックやらインターネットにアクセスして仕事ができる。とても便利である。

(これはジャカルタのホテルの送迎車での無料Wi-Fi。IDとPWを入れるだけで利用できる)
(これはジャカルタのホテルの送迎車での無料Wi-Fi。IDとPWを入れるだけで利用できる)

ビジネスマンが多く利用する新興国のホテルの送迎車の多くが「交通渋滞の不満解消とサービスの観点」から無料Wi-Fiを提供している。ただし、ホテルの送迎車なので、費用は高い。多くのホテルの送迎車が無料Wi-Fiを提供するようになると差別化もなくなってしまう。

Uberは世界中で拡大しており、多くのビジネスマンが出張先でもUberを利用した方が安くて、効率的なことに気が付き始めた。

しかし「Uberには無料Wi-Fiがないのでは、ホテルの送迎車の方がいいかな」と思ってしまう。Uberとしては「無料Wi-Fiが完備されているホテルの送迎車を利用している顧客層」を取り込みたいのだろう。そしてようやくインドのムンバイでUberは無料Wi-Fiを提供するようになった。これからも新興国だけでなく世界中で配車アプリ、送迎車、リムジン、タクシー間での熾烈な競争は続くのだろう。

利用者にとっては安くて便利でになるのは良いことだ。そして「何よりも安心して安全に乗れる」ことである。インドのUberは「安心して乗れる」ことへのイメージ復活の真っ只中である。

ムンバイの交通渋滞。自動車が密接しており、目的地まですぐなのだが到着できないこともよくある。
ムンバイの交通渋滞。自動車が密接しており、目的地まですぐなのだが到着できないこともよくある。