Google「Android One」スマホ、ようやくアフリカ市場にも登場

(写真:ロイター/アフロ)

Googleは新興国を中心にまだスマートフォンを持っていない「次の50億人(next five billion)」を対象に、低価格なスマートフォンを提供することを目指して、2014年6月に「Android One」OSを発表した。「Android One」OSを搭載したスマートフォンは2014年9月からインドでの販売を皮切りに、アジアの新興国で次々と地場メーカーから約100ドル程度で販売されている。

そして、ついに「Android One」スマートフォンがアフリカでも販売されることになった。ナイジェリア、ケニア、モロッコ、コートジボワール、エジプト、ガーナの6か国で販売される。香港に本社を置いているInfinixから「Hot 2」というスマートフォンが約87ドルで販売される。同社はアフリカでの販売チャネルがあり、アフリカ諸国ではよく販売されている。ナイジェリアでは現地の通信事業者MTN、eコマースサイト「Jumia」とも提携して販売していく。

(「Android One」スマートフォン「Infinix Hot2」)
(「Android One」スマートフォン「Infinix Hot2」)

■Googleも未開拓の人口11億人超の「アフリカのモバイルインターネット市場」

今回の6か国で人口は約4億人と非常に巨大な市場である。Googleのリリースによると、アフリカでは2015年末までに、23%しかモバイルからのインターネットにアクセスしていないとのこと。それでも2014年末までは15%だった。そして2017年末までには40%がモバイルからインターネットにアクセスできるようになると予測されている。

アフリカでは人口が11億人を超えている。携帯電話もだいぶ普及してきているが、それでもアフリカでの携帯電話の「ユニークユーザー数」は2014年で約3億4,700万人である。つまり、まだ携帯電話を所有していない人の方が多い。Googleとしてはまだこれから開拓の余地がある地域である。一方で格差が激しいので、高級なスマートフォンを所有している人も多数見かける。

今回のInfinixから販売される「Hot 2」は87ドルで、中古のスマートフォンも多いアフリカでは高級なハイエンド端末である。例えば、今回ナイジェリアでは通信事業者MTN、eコマース「Jumia」と提携して販売するが、ナイジェリアでキャリアショップやeコマースを利用しているのは富裕層で既にスマートフォンを所有している人が多い。

Googleが「Android One」を発表して、約1年が経ち、ようやくアフリカ市場に進出してきた。アフリカの人口11億人以上で、これからもまだ増加が予想されている。まだモバイルでのインターネットアクセスの開拓がこれからのアフリカは、Googleとしてもなんとか押さえたい地域である。

Googleとしてはインターネットにアクセスして、Googleのサービスを利用してもらわないと収益にならない。そしてまずはインターネットにアクセスできる手段としてスマートフォンを利用してもらう必要がある。今でもアフリカでは30~50ドル程度のノキアのローエンド端末が人気である。それらの端末でも通話やSMS以外に、WhatsAppなど人気のメッセンジャーアプリやFacebook、Twitterなどインターネットのサービスが利用できる。それではGoogleにとってはほとんど収益にならない。これからGoogleはアフリカで、もっと格安の「Android One」スマートフォンを登場してくるだろう。

(▲主要な「Android One」スマートフォン販売国。公開資料を元に作成)
(▲主要な「Android One」スマートフォン販売国。公開資料を元に作成)

▼今回アフリカ6か国で販売されるInfinixの「Android One」スマ―トフォン「Infinix Hot 2」

アフリカではかなりのハイエンドな端末である。