Googleの「Android One」スマホ:タイでも登場、地場メーカー「i-mobile」が投入

Googleは新興国を中心にまだスマートフォンを持っていない「次の50億人(next five billion)」を対象に、低価格なスマートフォンを提供することを目指して、2014年6月に「Android One」OSを発表した。「Android One」OSを搭載したスマートフォンは2014年9月からインドでの販売を皮切りに、アジアの新興国で次々と地場メーカーから販売されている。

▼主要な「Android One」スマートフォン販売国

(公開情報を元に作成)
(公開情報を元に作成)

■タイでも地場メーカー「i-mobile」から120ドルで販売

そして2015年8月から、タイの地場メーカー「i-mobile」も「Android One」を搭載したスマートフォン「IQ II」を4,444バーツ(約120ドル)で販売することを発表した。

地場メーカー「i-mobile」は、インドや中国のスマートフォン以降に登場した地場メーカーと違い、フィーチャーフォンの時代からタイでは人気のある老舗ブランドである。2014年のタイのスマートフォン市場での出荷シェアはサムスンが43%で1位、次いでAppleが18%、ノキアが11%、i-mobileは9.2%で4位である。

バンコクでは若者を中心にほとんどがスマートフォンを利用しているタイでは1年間に販売されるスマートフォンは約1,000万台。今後も4,000バーツから12,000バーツ(約14,400円~43,200円)のミドルエンドの価格帯のスマートフォンが大量に流通し、市場を牽引していくだろう。

タイではシェアでこそサムスンが1位だが、人気があるのは圧倒的なブランドを誇るハイエンドのiPhoneである。低価格で機能性を追求する他の新興国のスマートフォン市場とは異なり、タイのスマートフォン市場は先進国に近い。そのようなタイ市場で「Android One」のローエンド端末が投入された。中古端末も大量に流通しているタイでは中古端末でもiPhoneは人気が高い。中古のiPhoneは150ドル程度から購入できる。Googleとしても中古のiPhone端末が若者らに浸透する前に安価な端末でAndroidユーザーを確保しておきたいだろう。

「Android One」は、「次の50億人(next five billion)」へのスマートフォン普及に向けて、アジアを中心とした新興国で着実に拡大してきているが、低価格をウリにしている「Android One」がタイでどこまで浸透するだろうか。

▼タイの大学では学生のほとんどがスマートフォンを利用している。

画像
画像

▼GoogleのタイでのAndroidスマートフォン紹介の動画には日本語で「コオロギ」と音声認識で聞いているシーンがある。