中国Xiaomi(小米):スマホメーカーよりも消費者金融:顧客との関係構築を目指せるか?

中国最大のスマートフォンメーカーXiaomi(小米)が2014年に販売したスマートフォンは6,110万台である。そして2015年も上期(1月~6月)ですでに3,470万台を販売している。Xiaomi(小米)が半年で出荷する台数が日本での全メーカーでの1年間の出荷台数と同じくらいである。

■飽和する中国スマートフォン市場から新興国市場への進出

Xiaomi(小米)は中国ではAppleに次ぐ人気のブランドである。よくXiaomi(小米)を「中国のApple」と称されることがあるが、中国では圧倒的にAppleの方が人気があり、ブランド力もある。「本当はAppleのiPhoneが欲しいけど、高いから買えない」という多くの若者らがXiaomi(小米)のスマートフォンを購入することが多い。中国でもiPhoneの方がXiaomi(小米)よりもクールなのだ。

それでもXiaomi(小米)もここ数年の間に、中国市場で急速に普及し、現在では中国市場ではサムスンよりも人気が高い。2015年第1四半期の中国におけるスマートフォン出荷はAppleが14.7%で1位、僅差でXiaomi(小米)が2位で13.7%である。Huaweiが11.4%、サムスンが9.7%と続いている。

2014年の1年間に中国で出荷されたスマートフォンは4億2,070万台と全世界の32%を占めている。そしてXiaomi(小米)の出荷の90%以上が中国市場であり、2014年の中国スマートフォン市場でのシェアは12.5%で1位だった。しかし、中国における携帯電話の出荷のうち95%以上がスマートフォンであり、スマートフォン市場もだんだん飽和しつつあり、競争も非常に激しくなってきている。HuaweiやLenovoといった中国の老舗メーカー以外にもOPPOやCoolPadなどが後を追ってきている。また中国市場ではiPhoneの人気が高く、Xiaomi(小米)のスマートフォンを現在利用しているユーザーも「買い替えるなら、お金さえあればiPhoneにしたい」という人が多い。

そのためXiaomi(小米)はタイやマレーシアといった東南アジア市場やインドへ進出し、販売しているものの、現地ではまだそれほどの知名度もなく地場メーカーやグローバルメーカー、ライバルの中国メーカーとの競争も激しく、中国市場ほどの売れ行きはない。2015年6月にはアジア以外の初の市場としてブラジルでもスマートフォン販売を開始した。

■新たな収益源として期待される消費者金融:顧客との関係構築を目指して

スマートフォンはコモディティ化されている。Xiaomi(小米)は現在、中国では1位であるものの、多くのメーカーが後から追ってきている。そのXiaomi(小米)は2015年6月に、オンラインでのローン事業を開始するために5,000万ドル出資して、子会社を設立したと報じられた。オンラインでのローン事業とは「お金を貸して利息を付けて返してもらう」、いわゆる「個人向け消費者金融」である。Xiaomiが提供しているモバイル決済プラットフォームの普及を目指している。アプリを立ち上げて、簡単にお金が借りられる仕組みで、ローンの上限は30,000人民元(約60万円)とかなり高額である。2015年末までには計20億人民元(約4,000億円)のローン金額を目指しており、2017年末までには750億人民元(約1兆5,000億円)にまで達成したいと見込んでいる。

Xiaomi(小米)は中国国内でのスマートフォン販売、新興国のスマートフォン市場への進出を図ろうとしているが、地場メーカーや他中国メーカーとの競争は非常に厳しい。コモディティ化されたスマートフォンにおいては、メーカーとしての製品のイノベーションにも限界がある。

そこで目を付けたのがオンラインでのローン事業なのだろう。「オンラインでお金を貸して、それに利息を付けて返してもらう」ビジネスはスマートフォンを製造して販売するよりも、利益率も遥かに良い。

そしてローン事業であれば、顧客との長期的かつ継続的な関係構築も可能である。コモディティ化してしまった端末メーカーでは、顧客との長期的かつ継続的な関係を構築するのは難しい。かつて携帯電話で世界を席巻していたフィンランドのノキアや、スマートフォン創世記には人気があった台湾のHTCなども顧客との継続的な関係が構築できずに凋落していった。つまり携帯電話やスマートフォンはノキアやHTCである必要がない。ユーザーは移り気で、1つのメーカー、ブランドにこだわりや愛着はほとんどない。他に欲しいメーカーの端末が出てきたら、簡単にそちらへ乗り換えてしまうことができるし、実際に市場ではそのようになっている。

Xiaomi(小米)もそのことには気が付いており、いつまでも自らが中国や世界のスマートフォン市場で上位にいられないこともわかっているのだろう。そこで顧客との長期的かつ継続的な関係構築ができ、かつ端末製造よりも遥かに利益率が高いローン事業へ進出していくのだろう。今後のコモディティ化された商品を開発しているメーカーのあり方を考えさせられる。