マンション見学者の間で思わぬ設備に人気集まる 「家時間」が増えた影響か

家時間が増えたことで、キッチン設備のディスポーザー人気がさらに上がった。筆者撮影

 ウィズコロナの生活が模索されるなか、販売を再開した新築分譲マンション。その売れ行きは、コロナ以前と変わらぬ水準に戻っているのだが、明らかに変化した部分もある。

 たとえば、立地に関しては「便利さ」だけではなく、「緑が身近なくつろぎ」を大事にする傾向が強まった。そして、建物のつくりに関心が高まっているのも、今回のコロナ禍で顕著になった傾向だ。

 家族そろって家で過ごす時間が増えたためだろう、生活を楽にする設備や工夫が多いと目を輝かせる検討者が増えたのである。

 多くの購入検討者に喜ばれる代表的な設備が、ディスポーザー。キッチンの流しに設置され、生ゴミを粉砕処理してくれる快適設備である。

 家族で食事する回数が増えれば、それに伴って、生ゴミの量も増える。しかし、ディスポーザーがあれば、ゴミ処理の苦労が大幅に軽減される。注目度が高まるのは当然だろう。

 加えて、24時間ゴミ出しOKの共用施設も、以前に増して好評だ。宅配物や料理をデリバリーしてもらうことが増えるので、包装や容器など家庭内に発生するゴミの量が増加しているためと考えられる。

 ディスポーザーと24時間ゴミ出しOKが人気を高めるのは、多くの家庭で家時間が増えたことから想像しやすい。が、マンション販売の現場では意外な設備が人気を高めている。そのなかには、これまでのマンション生活で馴染みのなかったものも含まれている。

一戸建てならば当たり前の設備も、マンションでは新鮮

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」の定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

サービス名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」サンプル記事

櫻井幸雄

価格

月額1,100円(初月無料)

月3回程度

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。