もう「圧縮プラン」とは呼ばせない 23区に増える60平米3LDK、伊藤忠都市開発の新たな挑戦

狭苦しい印象がある60平米台前半の3LDK。そのイメージを変える工夫が生まれた。(写真:アフロ)

 便利な都心部で、60平米台の3LDKが増えている。最初は60平米台後半、それが60平米台中盤になり、今は60平米台前半のものが増加中だ。20世紀まで、3LDKの広さは75平米程度が基準になっていたことと比べると、約2割減の広さである。

 20世紀にそのような広さの3LDKをつくれば、「圧縮プラン」と呼ばれた。面積をぎゅっと縮めた狭苦しい住居という意味だ。それに対し、今は「コンパクト3LDK」という呼び名が生まれ、それもわるくないとみなされている。

 コンパクト3LDKが容認されるのは、2つの理由がある。

 まず、便利な場所のマンションであれば、狭くてもよい、という発想が日本だけでなく、欧米でも広まっていること。大都市中心部の地価上昇は日本に限った話ではなく、ニューヨークでもロンドンでも顕著。そんな大都市中心部だったら、コンパクトな住居でシンプルに暮らすスタイルが支持されているわけだ。

 二つ目の理由は、家族構成の変化だ。

 20世紀まで、分譲マンションを買うのは、子ども2人の4人家族が主流だった。だから、70平米台の3LDKがふさわしかった。それに対し、今、分譲マンションを買う世帯は「4人家族」ばかりではなく、1人暮らしもいるし、DINKSもいる、シニアの2人暮らし、そして子どもひとりの3人家族も増加。4人未満の暮らしが増えた。特に、便利な都心部では1~3人家族が増えたので、面積を絞った3LDKで十分という認識が広まったわけだ。

 といっても、ただ面積を小さくするだけでは不十分。狭くしたことを補う工夫が求められる。その好例を紹介したい。

60平米台でも、気持ちは“圧縮”しない

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年5月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年5月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ