地価公示「地方でも上昇」の牽引役 札仙広福で今、起こっていること

福岡の中心地となる天神エリア。再開発計画が多く、将来有望とも思えるが……。(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

 3月18日、国土交通省が2020年の公示地価を発表した。

 今年の公示地価を一言で表せば、「全国的な上昇」ということになるだろう。東京、大阪、名古屋で地価が上昇していることは広く知られている。それに続く、地方の拠点都市と位置づけられる札幌、仙台、広島、福岡(以下、札仙広福)でも、数年前から地価上昇が顕著だった。 

 以上に加え、今年は地価上昇を示す県庁所在地がさらに増え、全国的な地価上昇が明らか、というわけだ。

 新型コロナウィルスの影響がなければ、東京五輪の年に全国的な地価上昇で景気も上昇しそうと、威勢のよい発表となったはず。しかし、実際には、「ここまで上がったかもしれないが、今後は新型コロナウィルスの影響でどうなるか分からない」というとらえ方がされている。

 景気のよい数字を発表した国土交通省には、ちょっと残念な結果かもしれない。

 そして、地方の地価上昇を牽引してきた札仙広福では、地価上昇を喜んでばかりはいられない状況も生まれている。

 今回は、札仙広福における不動産の実状についてレポートしたい。

札仙広福の苦悩とは

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年3月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年3月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ