住みたい街の王者・横浜 「21」の次なるマンション購入狙い目は「22」の地区

夜景も美しい、横浜のみなとみらい21地区。「住みたい街」として3年連続1位だが。(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

 リクルート住まいカンパニーの「住みたい街ランキング2020関東版」が発表され、横浜が3年連続第1位に。2位は恵比寿、3位は吉祥寺となり、トップ3は3年連続同じ顔ぶれとなった。

 トップ3のうち、恵比寿と吉祥寺は街の映像がすぐに思い浮かぶ。JRの駅とその周辺である。

 その点、ズバリの映像が出てこないのが、1位の横浜。ニュースで使われる画像をみると、ランドマークタワーを中心にした「みなとみらい21地区」の風景が出てくるケースが多い。次いで、JRと東急東横線、京浜急行本線などが集まる「横浜駅西口」があり、2地点の中間に位置する横浜駅東口エリア及び「ヨコハマポートサイド地区」の画像が使われているものもあった。

 「横浜」が示す場所は、広範囲に及んでいるわけだ。それも無理はなく、住みたい街としての横浜は「横浜駅を中心にして、だいたい半径2キロメートル」の場所だとされている。それならば、横浜駅の西口と東口、そしてヨコハマポートサイド地区、みなとみらい21地区がすっぽり含まれてしまう。

 ちなみに、半径2キロメートルを第2位の恵比寿に当てはめると、恵比寿駅を中心に渋谷駅周辺や代官山、白金のエリアも含まれてしまうのだが……都心部と横浜では、街のとらえ方が異なるのだろう。

 いずれにせよ非常に広い場所であるため、「横浜」のなかには、これから狙いたい場所と、今から狙うのは無理、という場所が生じてしまう。横浜駅を中心にした場所で、マンション購入の狙い目はどこになるのか。実状とこれからの開発計画を基に検証した。

みなとみらい21地区のマンション建設は終了

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年3月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年3月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ