【ラグビーW杯】初戦で金星を挙げた日本、2戦目のスコットランド戦のメンバー発表 WTB福岡が先発!

初戦に続き、日本は強敵スコットランドを倒すことができるか(撮影:斉藤健仁)

9月21日、ラグビーワールドカップの初戦・南アフリカ代表戦で歴史的勝利を挙げたラグビー日本代表は、イングランド・ブライトンの宿泊先のホテルで2日後の23日、グロスター・キングスホルムスタジアムで迎える第2戦目・スコットランド代表戦のメンバーを発表した。

中3日のタイトなスケジュールだが、FLリーチ・マイケル主将、HO堀江翔太副将、FB五郎丸歩副将、SH田中史朗の中軸選手は、やはり、揃ってスタメン入り。司令塔にはSO立川理道、両翼には2年前のスコットランド代表戦で2トライを挙げている福岡堅樹、松島幸太朗が先発となった。また初戦に出ていなかったLOアイブス ジャスティンがスターター、控えにLO伊藤鐘史が入った。

南アフリカ代表戦後に、ジョーンズHCは「日本のラグビーの歴史はまだ完全に変わっていない。準々決勝に進まなければ、この勝利が無駄になってしまう」と言ったように、欧州の伝統国にも勝利して、目標とする決勝トーナメント進出を大きくたぐり寄せることができるか。

試合は23日14時30分(日本時間22時30分)にキックオフされる。

◇先発登録メンバー

PR1稲垣啓太(25歳、パナソニック、7、関東学院大出身)

HO堀江翔太(28歳、パナソニック、39、帝京大出身)

PR3山下裕史(29歳、神戸製鋼、46、京産大出身)

LOトンプソン ルーク(34歳、近鉄、60、リンカーン大[NZ]出身)

LOアイブス ジャスティン(31歳、キャノン、30、タイエリ高[NZ]出身)

FLリーチ マイケル(26歳、東芝、44、東海大出身)

FLマイケル・ブロードハースト(28歳、リコー、23、キャンピオン高[NZ]出身)

NO8アマナキ・レレイ・マフィ(25歳、NTTコム、4、花園大出身)

SH田中史朗(29歳、パナソニック、50、京産大出身)

SO立川理道(25歳、クボタ、40、天理大出身)

WTB福岡堅樹(23歳、筑波大4年、16、福岡高出身)

CTB田村優(26歳、NEC、34、明治大)

CTBマレ・サウ(27歳、ヤマハ発動機、24、タンガロア高[NZ]出身)

WTB松島幸太朗(22歳、サントリー、13、桐蔭学園高出身)

FB五郎丸歩(29歳、ヤマハ発動機、54、早大出身)

控え

HO木津武士(27歳、神戸製鋼、38、東海大出身)

PR1三上正貴(27歳、東芝、30、東海大出身)

PR3畠山健介(30歳、サントリー、69、早大出身)

LO真壁伸弥(27歳、サントリー、32、中央大出身)

LO伊藤鐘史(34歳、神戸製鋼、35、京産大出身)

FL/NO8ツイ ヘンドリック(27歳、サントリー、33、帝京大出身)

SH日和佐篤(28歳、サントリー、48、法政大出身)

WTBカーン・ヘスケス(30歳、サニックス、11、オタゴ大[NZ]出身)