部活動の負担感が大きいワケ――土日の部活動は日額3000円 未経験でも顧問

日本体育協会「学校運動部活動指導者の実態に関する調査報告書」(2014)より引用

■もし、あなたの身に「部活動顧問」の仕事が降りかかってきたなら・・・

もしあなたが、上司から突然に「今日から、中学校のバレー部を指導してください」と言われたらどうだろう?

「私には、そんな余裕ありません」と答えれば、「いや、みんなやるもんだから」と返される。

「バレーなんて、ボールをさわったことくらいしかないです」と答えようものなら、「それで十分だから」と返される。

しかも、土日の場合、4時間以上の勤務で日額は3,000円という条件だ【注1】。最低賃金を大幅に下回りかねない手当で、週末が(しばしば朝から晩まで)つぶれる。お正月休みやお盆休みだって、返上せざるをえないこともある。あなたの本務であるべき仕事は何も進まない。

これがいま、学校の先生たちが置かれている状況である。

■ドシロウトが連日の指導(土日含む)を低賃金で強要される

当の競技種目(あるいは芸術活動)が大好きで、後世の指導にやりがいを感じるなら、それでよいかもしれない。

しかし、下のグラフ【注2】にあるとおり、教員の半数近くが、「担当教科が保健体育でない」かつ「現在担当している部活動の競技経験なし」である。その競技にまったく縁のない、いわばドシロウトなのである。ドシロウトが、微々たる手当のみで、土日であろうとプライベートを放棄して、本職(授業)ではない活動に強制的に従事させられているのである。負担感や疲労感が大きくなるのも当然である。

画像

なお、土日の手当は、いまでこそ日額3000円だが、昨年9月までは、日額2400円であった。いずれにせよ、時間給を計算するのもばかばかしくなる。

ある教員は、異動した学校で言い渡されたのは、新体操部の顧問(主顧問)だったという。もちろん、本人はまったくの未経験だ。それでいて、すでに経験のある生徒たちを、連日にわたって低賃金で「指導」することの心的・身体的な負担は大きいものがある。

また、別の教員は、体育以外では経験がないバスケットボール部を担当することになったため、数万円かけてDVDや本を自費で購入し、さらには他校の教員のもとに出向いて、指導方法を教えてもらったという。それでなんとか、子どもたちは前向きに部活動に取り組むようになった。だが彼は、「同じだけの労力を、教員として最優先でやるべき教材研究にまわすことができれば、どれだけ子どもも自分も幸せなことか」と述べる。まったく縁もなく、納得できる理由もない部活動に時間を割かれるのは、教職という立場において大きな負担感をもたらしている。

■「同じ気持ちの輪が広がっている」

部活動顧問の負担感を訴えた元日の記事「お正月休みも部活動? 教員の負担感 保護者には伝わっていない」は、大きな反響を呼んだ。

記事には、たくさんのコメントを頂戴した。感謝申し上げたい。ただそれ以上に、記事で紹介した現役教師によるブログ「公立中学校 部活動の顧問制度は絶対に違法だ!!」は、コメントで溢れかえっている(「ヤフーの記事からやってきました」というコメントも多数ある)。

何よりも強調しなければならないのは、そのコメントの多くが現役教員によるものだという点だ。これほどまでに多くの教員が、部活動に対する自分の苦悩を書き綴った事態を、私は知らない。

同ブログの影響を受けて、昨年8月に立ち上げられたブログ「部活動のあり方はおかしい!!と真剣に訴えるためのブログ」は、この数日の動きを、「確実な前進がある」「同じ気持ちの輪が広がっているなと感じています」と表現している。ブログ主によると、今回の盛り上がりを契機にして、さらに新たなブログが立ち上がっているという(「部活について考える」)。

部活動改革の気運が、ネットの世界を起点にして、いま急速に高まっている。この流れを一過性のものにしてはならない。

注1:2014年10月より。詳細はこちら。手当の額は自治体によって多少の相異がある。

注2:日本体育協会「学校運動部活動指導者の実態に関する調査報告書」(2014)より引用。