文在寅大統領の「チョ法務大臣指名」に賛成か、反対か 韓国各世論調査結果

聴聞会に立たされるチョ次期法務部長官

 文在寅大統領が司法改革の切り札として法務部長官(法相)に起用しようとしているチョ・グック前青瓦台(大統領府)民情首席秘書官について韓国国民は総じて反対の意向であることが幾つかの世論調査の結果で判明した。

 「反対」が「賛成」を上回った理由はチョ・グック一族を巡るスキャンダルに尽きるが、大手紙「中央日報」と二つの世論調査機関(「リアルメタル」と「韓国ギャラップ」)では男女別、年齢別、及び政党別で以下のような結果が出ている。

1.「中央日報」(8月23-24日実施 約1千人対象)

 ▲全体

 「賛成」 27.2%   「反対」60.2% 

 ▲男女別

 男性「賛成」29.6%  「反対」61.5%  

 女性「賛成」24.8%  「反対」58.9%  

 ▲年齢別

 20代「賛成」16.2% 「反対」68.6% 

 30代「賛成」40.1% 「反対」49.1% 

 40代「賛成」42.6% 「反対」50.9% 

 50代「賛成」27.2% 「反対」64. 8% 

 60代「賛成」15.0% 「反対」65.0% 

 ▲政党別

 民主党「賛成」55.2% 「反対」33.2% 

 韓国党「賛成」 4.4% 「反対」88.9% 

 未来党「賛成」 9.6% 「反対」88.0%

 平和党「賛成」30.6% 「反対」59.8%

 正義党「賛成」49.1% 「反対」41.7%

 ※民主党(進歩)=128議席、韓国党(保守)=110議席、未来党(保守)=28議席、平和党(進歩)=14議席、進歩・正義党(進歩)=6議席

.「リアルメーター」(8月26―28日実施 約1千人対象)

 ▲全体

 「賛成」39.2%    「反対」54.5% 

 ▲世代別

 20代「賛成」29.1% 「反対」62.1%

 30代「賛成」44.7% 「反対」47.6%

 40代「賛成」54.0% 「反対」40.4%

 50代「賛成」39.3% 「反対」57.3%

 60代「賛成」31.4% 「反対」61.9%

 ▲与党と野党第1党のみ

 民主党「賛成」79.6% 「反対」14.9% 

 韓国党「賛成」 5.3% 「反対」93.6% 

3.韓国ギャラップ調査(8月27-29日実施 約1千人対象)

 ▲全体

 「賛成」27%   「反対」57%

 ▲男女別

 男性「賛成」29%    「反対」57% 

 女性「賛成」26%    「反対」57% 

 ▲世代別

 20代「賛成」23%   「反対」51% 

 30代「賛成」36%   「反対」50% 

 40代「賛成」45%   「反対」42% 

 50代「賛成」25%   「反対」67% 

 60代「賛成」13%   「反対」68% 

 ▲主な政党別

 民主党「賛成」50%   「反対」33% 

 韓国党「賛成」 3%   「反対」92% 

 未来党「賛成」13%   「反対」83% 

 正義党「賛成」46%   「反対」44% 

 なお、青瓦台(大統領府)の国民請願掲示板(8月29日現在)では

「任命賛成」51万人、「任命反対」27万5千人と、「賛成」が「反対」を大きく上回っている。

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て、フリー。1982年 朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動開始。98年 ラジオ「アジアニュース」パーソナリティー 。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。著書に「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人、残念な日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙 間違いだらけの日韓関係」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ