「線香花火」で終わりそうにない韓国の日本製品不買運動 「若者層」が圧倒的に支持

「日本製品売らない」を掲示するスーパーマーケット(写真:ロイター/アフロ)

韓国での「日本に行かない」「日本のモノを買わない」を合言葉にした日本製品不買運動は拡散する一方で、沈静化する気配はない。

「線香花火」で終わりそうにもない理由の一つに日本では「日本好き」とみなされている筈の若者層が不買運動に積極的に賛同していることにあるようだ。

韓国の新聞やテレビ媒体などが独自の世論調査結果を載せているが、今後の動向を占う上で最も興味深いのは韓国のインターネット新聞「ネットコリア」(7月26日付)に掲載された韓国インターネット情報技術メディアの「JDネットコリア」が今月23日に10代から50代までの4千397人を対象に実施した以下の「世論調査」結果である。

日本製品不買運動は必要と思うか?

「必要と思う」65.0%

「不可避な対処なので参加すべきと思う」23.8%

「国民参与は必要とは思うが、不買運動は間違っている」6.1%

不買運動により日本製品購入に影響を受けるか?

「ある程度受ける」36.5%

「相当影響を受ける」31.6%

「普通」13.5%

「ほんの少し影響を受ける」10.9%

「全く影響を受けない」7.5%

不買運動は日本観光に影響を及ぼすか?

「相当影響を受ける」54.6%

「ある程度影響を受ける」21.4%

「普通」8.8%

「全く影響を受けない」8.3%

「ほんの少し影響を受ける」6.9%

不買関連で消費を少なくすべきと思っている日本製品は?

「ユニクロ」

「トヨタ(レクサス)」

「ダイソー」

「アサヒ」

「ロッテ流通ブランド」

「セブンイレブン」

「ソニー」

「ABCマート」

不買運動がいつまで続くと思うか?

「日本が輸出規制を撤回するまで続くと思う」40.0%

「少なくとも数か月は続くと思う」38.7%

「数週間で加熱した雰囲気は和らぐと思う」10.5%

「よくわからない」10.1%

「その他」0.7%

不買運動が日本政府や日本企業にどの程度負担になると思うか?

「負担になるのでは」45.3%

「若干負担を感じる程度では」35.6%

「相当な負担と影響を受けると思う」14.2%

「全く影響を与えないと思う」4.9%

不買運動に不便を感じるか?

「感じない」66.3%

「感じる」10.2%

「わらない、その他」24.5%

驚いたことに回答者(約1千人)の10人のうち9人が不買運動に賛成していた。「不買運動はやるべきではない」の反対意見は6.1%しかなかったのは意外だった。

この調査によると、不買運動支持者の世代別では20代が最も多く70.0%、続いて40代(67.5%)、10代(65.5%)、30代(63.5%)、50代(59.0%)の順になっている。一昨日も、高校生らが日本の大使館の前で不買運動を宣言するパフォーマンスがあったが、10代の支持者が65.5%という高い数字を見る限り、今後連鎖反応を起こす可能性が大だ。

日本では韓国で起きている日本製品不買運動を政府主導による「組織的なやらせ」との見方、あるいは親日とみられるのを恐れ、仕方なく、しぶしぶ参加しているとの見方が圧倒的だが、現実はそうでもなさそうだ。

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て、フリー。1982年 朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動開始。98年 ラジオ「アジアニュース」パーソナリティー 。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。著書に「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人、残念な日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙 間違いだらけの日韓関係」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    NYはなぜ新型コロナの犠牲者が突出しているのか 猪瀬聖4/3(金) 0:15
  2. 2
    北朝鮮が動揺した「死ぬほど生意気な女子大生」の衝撃の言動 高英起4/3(金) 5:02
  3. 3
    世界の感染者100万人突破の今 怖がるトランプ氏 結果からみる致死率:米国=35%、日本=11% 飯塚真紀子4/3(金) 7:43
  4. 4
    【新型コロナ】外出禁止令の英国から、日本の皆さんへ 「ロックダウン(都市封鎖)」になる前に 小林恭子4/3(金) 16:51
  5. 5
    新型コロナ「都市封鎖」で次々と起こる12のこと。スペインの例に学ぶな! 木村浩嗣4/3(金) 8:30
  6. 6
    新型コロナ、生きるか死ぬか 結果からみる致死率18%超の衝撃 飯塚真紀子3/30(月) 8:37
  7. 7
    「中国が情報隠蔽」「米国の政治家は恥知らず」……新型コロナウイルス対応めぐり米中衝突 西岡省二4/3(金) 17:13
  8. 8
    全世界に海外渡航の自粛勧告、それでもJALとANAが飛ぶ海外の都市はどこ?【1:アメリカ】 今井佐緒里4/2(木) 13:20
  9. 9
    ところで、カルロス・ゴーンは今どうしている?:スキー焼けしてイギリスの新聞で沈黙を破っていた 今井佐緒里4/1(水) 9:00
  10. 10
    中国“支援マスク”――新型コロナウイルス対策、でも欧州の一部「使わない!」 西岡省二4/1(水) 13:15