衝撃の米国の対北朝鮮開戦シナリオ 

巡行ミサイルや空対地核ミサイルを搭載したB52戦略爆撃機

トランプ政権は新たな対北戦略を検討しているが、北の核脅威を弱体化させるための軍事力の行使や政権交代などあらゆる選択肢が含まれている。仮に軍事攻撃となれば、予想される米国の対北朝鮮攻撃シナリオとは?

この記事は有料です。
「辺真一のマル秘レポート」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

「辺真一のマル秘レポート」のバックナンバー2017年3月サンプル記事

辺真一

価格

550(記事6本)

2017年3月号の有料記事一覧

すべて見る

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て1982年朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動。98年ラジオ「アジアニュース」キャスター。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。「もしも南北統一したら」(最新著)をはじめ「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「韓国経済ハンドブック」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など著書25冊

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    金正恩「あらゆる虐待の温床」で起きている見逃せない変化高英起8/7(金) 5:02
  2. 2
    韓国高官がNZでセクハラ疑惑も「同性を触っただけ」言い逃れ。切れたNZ首相が文在寅氏に「捜査しろ!」西岡省二8/6(木) 11:14
  3. 3
    韓国世論が真っ二つ。「ピンクの膝上丈ワンピース」で国会に出席、最年少の女性議員はいったい何者? 吉崎エイジーニョ8/6(木) 12:08
  4. 4
    香港の抗議デモに参加した少女は中国本土の取調施設で手錠をされ、囚人ベストを着せられていた木村正人8/7(金) 11:51
  5. 5
    金正恩「激怒映像」から浮かび上がる致命的な病弊高英起8/4(火) 4:32
  6. 6
    中国公安は毛沢東の「人民民主専制」を引用し「祖国の裏切り者はクソよりひどい扱いを受ける」と言い放った木村正人8/6(木) 15:57
  7. 7
    北朝鮮警察「禁断映像」撮影現場を急襲…女優ら逮捕、監督は死刑に高英起8/6(木) 5:02
  8. 8
    ジム・ロジャーズ「外国人を入れるくらいなら“日本消滅”の方がましと考える日本人」 友好度アジア最下位飯塚真紀子8/4(火) 9:37
  9. 9
    北朝鮮の都市で連続爆発…39人死傷、警備隊長を逮捕高英起8/5(水) 5:02
  10. 10
    珍しい金正恩委員長の「被災地視察」報道 なぜ写真が同時公開されない?辺真一8/7(金) 13:06