「ラピュタ」今夜ノーカット放送 ネットは既に大盛り上がり、昼からトレンド1位に

金曜ロードSHOW!公式サイト「金曜ロードシネマクラブ」より

 宮崎駿監督のアニメ映画「天空の城ラピュタ」が8月30日午後9時から、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系列)でノーカット放送される。地上波放送のたびにネットユーザーたちがTwitterで“実況”したり、語り合ったりする同作。今回も既に大きな話題になっており、30日昼から「ラピュタ」がTwitterトレンド1位になるなど放送前から大いに盛り上がっている。

 天空の城ラピュタは、1986年に公開された、スタジオジブリによる初の映画作品。炭鉱で働く少年・パズーと、“空から落ちてきた”少女シータの冒険を描く。

 同作がテレビ放送される際は、放送中のTwitterトレンドを、関連ワードが席巻する傾向がある。「見ろ! 人がゴミのようだ!」などの印象的な名言、パズーとシータが一緒に唱える滅びの呪文「バルス」、“ジブリ飯”とも呼ばれるおいしそうな料理などが、ネットユーザーの心をわしづかみにしているのだ。

「ラピュタ」放送前からTwitterトレンド1位に(30日午後1時半ごろのトレンドより)
「ラピュタ」放送前からTwitterトレンド1位に(30日午後1時半ごろのトレンドより)

 特に、劇中で2人が「バルス」と唱えるシーンでは、セリフに合わせてTwitterに「バルス!」と書き込む人が続出。過去の放送では、あまりに多くの「バルス」が同時に投稿されるため、Twitterのサーバが悲鳴を上げ、不安定になることもあったほどだ。

 今回も、放送前からTwitterは大いに盛り上がっており、昼からTwitterトレンド1位に。「今夜はラピュタの日」「ラピュタ見よう」などの書き込みの他、「ラピュタ見られないから、先にバルスと言っておく」「みんな私のためにバルスしておいて」など、視聴できない人からの投稿、ラピュタ関連のトリビアや小ネタなどが多数書き込まれている。

 「金曜ロードSHOW!」ではこの夏休み、3週にわたってジブリ作品をノーカット放送。8月16日には「千と千尋の神隠し」、23日には「崖の上のポニョ」を放送していた。

(お詫びと訂正:初出時、ラピュタの映画公開年を誤って記載しておりました。正しくは1986年です。お詫びして訂正いたします。)