御堂筋も「御堂筋マッスル」と誤訳 堺筋→「堺マッスル」誤訳問題、太子橋は「プリンスブリッジ」

大阪メトロの英文ページのキャッシュより。御堂筋線は「ミドウスジマッスルライン」」

 大阪メトロの英語サイトで、「堺筋線」を「サカイマッスルライン」などと誤訳しているとネットユーザーから指摘があり、メトロがサイトを非公開にした問題。マイクロソフトの自動翻訳による誤訳をそのまま掲載したことが原因という。

 報道で間違いが指摘されていたページでは、「堺筋線」→「サカイマッスルライン」、「3両目」→「3アイズ」、「天神橋筋」→「テンジンブリッジ」、「天下茶屋」(てんがちゃや)→「ワールドティーハウス」などと誤訳していたが、筆者が調べてみたところ、サイトの誤訳はこれにとどまらなかった。

大阪メトロの英文ページのキャッシュより。御堂筋線は「ミドウスジマッスルライン」」
大阪メトロの英文ページのキャッシュより。御堂筋線は「ミドウスジマッスルライン」」

 例えば、「御堂筋線」は「ミドウスジマッスルライン」に。誤訳な上、スジ(筋)とマッスル(筋肉)がかぶっている。今里筋線も「イマザトマッスルライン」だ。

 さらに、「太子橋今市(たいいしばしいまいちえき)」という駅名は「プリンスブリッジ イマイチ」と、王子様っぽい名称になっていた。

今里筋線は「イマザトマッスルライン」、太子橋今市は「プリンスブリッジ イマイチ」
今里筋線は「イマザトマッスルライン」、太子橋今市は「プリンスブリッジ イマイチ」

 単語の訳だけでなく、英文もおかしいものが目に付いた。例えば、太子橋→プリンスブリッジの誤訳があったページでは、乗務員が列車の扉を開け忘れて出発してしまい、次の太子橋今市駅で乗客から申告があって発覚した――という内容を報告していたが、英文では「今市駅到着後、次のプリンスブリッジは顧客の報告によって発見された」(Following the arrival of the Imaichi station, the next Prince Bridge was discovered by the customer's declaration.)と意味不明になっていた。

 もちろん、正しく翻訳できている部分も多い。「堺筋線」や「御堂筋線」は、誤訳により筋肉にされてしまった部分と、正しく「サカイスジライン」「ミドウスジライン」と訳されている部分があり、自動翻訳の精度にかなりブレがあるようだ。

「サカイマッスルライン」の誤訳と「サカイスジライン」と正しい訳が混在するページも
「サカイマッスルライン」の誤訳と「サカイスジライン」と正しい訳が混在するページも