11月26日、今年度の補正予算案が閣議決定しました。防衛省の補正予算は7738億円が計上されています。うち、装備品の新規購入分は2818億円となっています。

 防衛省は今回の補正予算案と来年度予算案を「防衛力強化加速パッケージ」と銘打ちました。

防衛力強化加速パッケージ -令和3年度補正予算の概要- (令和3年11月26日掲載)

  • P-1哨戒機×3機
  • C-2輸送機×1機
  • UH-2多用途ヘリコプター×13機
  • VLS×2隻分(垂直ミサイル発射機、FFM用)
  • PAC-3MSE(地対空ミサイル、ペトリオット)
  • ペトリオット地対空ミサイル・システム関連部品
  • 03式中SAM改(地対空ミサイル) ※構成品
  • 基地防空用SAM(地対空ミサイル)
  • AAM-4B(中距離地対空ミサイル)
  • AAM-5B(短距離地対空ミサイル)
  • F-15戦闘機の可動確保関連部品
  • 12式短魚雷
  • 18式長魚雷
  • 15式機雷
  • 07式VL-ASROC(垂直発射ロケット投射式短魚雷)

 新規調達される兵器は上記の通りです。概要では弾薬類の細かい数量は記載されていません。なおFFM用のVLSとは新型の「もがみ型」護衛艦は建造当初にVLSを搭載しておらず、後日装備とされていた分の機材です。1隻分はMk.41VLSが16セルになります。

  • 対潜哨戒機・・・688億円
  • 輸送機およびヘリ・・・578億円
  • 地対空ミサイル・・・978億円
  • 空対空ミサイル・・・84億円
  • 魚雷および機雷・・・217億円

 補正予算で新規調達される装備品は航空機とミサイル弾薬が金額ベースでちょうど半分ずつの割合です。特に重点的に配分されているのは弾道ミサイル防衛用のペトリオット地対空ミサイル・システムのPAC-3MSE迎撃ミサイルで、補正予算の地対空ミサイル関連のほとんどを占めています。

 ペトリオットPAC-3MSEは対北朝鮮用、それ以外の地対空ミサイルおよび航空機ミサイル弾薬は対中国用を強く意識したものです。そしてペトリオットPAC-3MSEは対中国用にも使える装備です。

 03式中SAM改は陸上自衛隊の03式中距離地対空誘導弾(改善型)で、現状では弾道ミサイルに対しては限定的な対処能力しかありません。将来的には改良して十分な弾道ミサイル対処能力を与える計画もあります。

 基地防空用SAMとは基地防空用地対空誘導弾という名称で航空自衛隊が採用したもので、陸上自衛隊で「11式短距離地対空誘導弾(11式短SAM)」として採用されている機材の準派生型です。射程の短い地対空ミサイルで、巡航ミサイル迎撃用になります。

【用語解説】

  • SAM:Surface-to-Air Missile、地対空ミサイル
  • AAM:Air-to-Air Missile、空対空ミサイル
  • VLS:Vertical Launching System、垂直発射システム
  • ASROC:Anti Submarine ROCket、対潜ロケット
  • PAC-3:Patriot Advanced Capability-3、ペトリオット能力改善3型
  • MSE:Missile Segment Enhancement、ミサイル部分強化型
  • FFM:Frigateの艦種記号FFにMを加えたもの。Mはmultiple(多機能)、mine(機雷)などの意味