一般的には春を告げる南岸低気圧だが、続く寒さ

大雪(ペイレスイメージズ/アフロ)

長期間の低温

 東日本・西日本では、11月中旬から気温の低い状態が続いていましたが、最近1週間では、北日本・東日本・西日本では顕著な低温となっています。

 そして、今後2週間は、気温の低い状態が続く見込みです。

 ただ、寒気南下が少し弱まる2月1日から2月2日にかけて、南岸低気圧が通過し、東日本の南岸では雪になる見込みです(図)。

図 予想天気雨図(平成30年2月1日21時の予想)
図 予想天気雨図(平成30年2月1日21時の予想)

太平洋側の大雪

 太平洋側の大雪は、南岸低気圧によってもたらされます。

 10日程前の1月22日には、南岸低気圧で東日本の太平洋側で大雪となりましたが、同じようなことが再び起きる可能性があります。

 夕方から夜にかけて降るなど、降る時間帯は似ていますが、低気圧の進路が1月22日に比べて若干南ですので、一般的には、低気圧の中心からの距離が少し長いので雪の量は少なくなります。

 ただ、南岸低気圧による雪の予想は難しく、雨雪判別も難しい予想です。

 最新の気象情報の入手に努め、雪が降る2月1日の夕方の通勤・通学の時間帯だけでなく、雪が止んだあとの2月2日の朝の通勤・通学の時間帯を警戒する必要があります。

春を告げる雪

 一般的には、南岸低気圧による東日本の太平洋側の大雪が降るのは、2月下旬から3月です。

 このため、南岸低気圧による雪は、「春を告げる雪」と言われていました。雪が降っても、零度付近の比較的温かい雪で、すぐに溶け、程なく春を感じさせる気温の上昇があるからです。

 差別的な表現の可能性があるということから、現在は使われていませんが、昔は、南岸低気圧のことを、「台湾から春を告げるお坊さんがやってくる」という意味の言葉がありました。

 しかし、今年の南岸低気圧は、1月22日の雪が所々で残っているところへの2月頭の雪です。

 南岸低気圧通過後は、再び西高東低の冬型の気圧配置となって強い寒気が南下します。今回の南岸低気圧による雪は、「春を告げる雪」とは、言い難い雪です。

図の出典:気象庁ホームページ。