真夏日到来、でも台風1号は未だ発生せず

雲の渦巻き 台風イメージ(提供:アフロ)

5月23日の東京の最高気温は30.9度と、今年初めて30度を越し、真夏日となりました。

群馬県・桐生で34.2度など、全国のアメダス観測点の2割以上の213地点で真夏日、夏が近づいてきました。

しかし、夏の主役である台風は未だ発生していません。

多くの年は、3月中旬くらいまでに台風1号が発生し、5月下旬には台風3号が発生していますので、かなり遅いペースです。

5月下旬以降の台風1号の発生というと、平成10年の7月10日に上陸した平成10年以来、18年ぶりということになります。

平成10年の台風1号

台風1号が一番遅く発生したのは、平成10年の7月9日15時で、次いで昭和48年の7月2日と、7月になってからの台風1号の年がありますので、現時点まででいえば、記録的な遅さではありません(表1)。

表1 遅い台風1号発生の記録
表1 遅い台風1号発生の記録

訂正 :平成10年台風1号の最終確定の発生は、7月9日でした。5月24日の記事では、7月10日としてしまいました。訂正いたします。図1の台風経路図で、「10」の数字の近くの黒丸は、9日21時の位置を示す黒丸ですので、ご注意ください。

ただ、台風1号の発生が一番遅かった平成10年は、年間で発生した台風の数は16個と少なかったのですが、上陸した台風は4個と多くなっています。特に、台風7号と台風8号は、2日連続して近畿地方に上陸し、東海から四国東部にかけて大雨となり、大きな被害が発生しています。

図1 平成10年台風1号の経路(気象庁HPより)
図1 平成10年台風1号の経路(気象庁HPより)
図2 昭和48年台風1号の経路
図2 昭和48年台風1号の経路

エルニーニョ現象が終わった年には7月の台風1号

台風1号の発生が7月となった平成10年と昭和48年には共通点があります。それは、エルニーニョ現象が終息した年ということです。

平成10年のエルニーニョ現象は、20世紀最大のエルニーニョ現象といわれていました。

そして今年、20世紀最大のエルニーニョ現象と同等といわれるゴジラ・エルニーニョ現象が終わりかけています。

気象庁では、今年の夏にはエルニーニョ現象が終息に向かい、それどころか、いきなり逆の、ラニーニャ現象がおきると予想しています。

エルニーニョ現象が終わると、台風1号の発生が遅くなるというジンクスは今年も行きそうです。

台風1号の早い発生は意味がない

昭和54年の台風1号は1月2日09時に発生したため、マスコミに『1番早く発生した台風』として取り扱われました。それまでは、昭和30年の1月2日15時に発生が1番早かったからですが、このときに『正月なのにもう台風1号が…』というより、『正月なのにまだ台風…』といったほうが適当のように感じました。

というのは、台風は暖かいと多く発生するということから、その年の台風シーズンは、北半球の気温が1番低くなって、これから暖かくなる2月下旬から始まるといってよく、1月は前年のシーズンの続きだからです。

多くの年は、台風が1月に1個発生した後、しばらく発生することがなく、2個目は4月から5月に発生します。

19ヶ月連続で台風が発生

平成27年は、毎月台風が発生していますが、これは気象庁が台風の統計をとりはじめた1951年以降、初めてのことです。そして、平成26年6月から平成27年12月まで、19ヶ月連続で台風が発生しています(表2)が、これは、昭和39年5月から40年11月までの19ヶ月とタイ記録です。

今年1月に台風が発生していれば、20ヶ月と新記録でした。 

表2 台風の月別発生数(気象庁HPより)
表2 台風の月別発生数(気象庁HPより)

越境して台風1号となったかもしれないハリケーン

北西太平洋で、最大風速が17.2メートル以上となった熱帯低気圧を台風といいます。

平成28年1月15日頃にハワイの南東海上で発生した熱帯低気圧は、西進して日付変更線を超え、北西太平洋に入ると見られていました(図3)。

平成27年はエルニーニョ現象の最盛期で、記録的にハリケーンが多い年でしたが、平成28年1月もそのなごりは続いており、7日に熱帯低気圧・パリ(Pali)が北緯4.7度と記録的な低緯度で発生し、12日には、ハリケーンにまで発達しています。

図3 National Hurricane Centerが発表したハリケーンの進路予報
図3 National Hurricane Centerが発表したハリケーンの進路予報

北西太平洋に入れば、初めての越境した台風1号の発生でしたが、強い勢力で日付変更線を超えることなく、台風1号の発生とはなりませんでした。そして、台風の連続記録はタイ記録である19ヶ月連続でストップとなったのです。

台風1号が遅く発生したからといっても、台風の上陸数が少ないわけでもなく、台風被害が少ないわけではありません。

台風に警戒が必要なことにはかわりがありません。台風情報に注意が必要です。