夏も近づく八十八夜の茶摘みと「ちゃっきり節」の蛙の天気予報

広大な茶畑で茶摘をする人々(写真:アフロ)

閏年の今年は、5月1日が八十八夜(はちじゅうはちや)です。立春を1日目として88日目の夜であるからです。

閏年でなければ、5月2日が八十八夜です。

茶摘み歌

八十八夜の時に摘むお茶は、昔から最高級のものとされてきました。

また、お茶に関するイベントも、多くは八十八夜の日に行われます。

明治45年(1912年)に発表された童謡「茶摘」では、「夏も近づく八十八夜」と歌われています。

夏の気配が感じられるのが、八十八夜です。

泣き霜

八十八夜の頃には霜の心配がなくなることから、「八十八夜の別れ霜」と言われます。

しかし、年によっては、八十八夜以降に霜が降りることがあり、この時には大きな被害が発生します。

「九十九夜の泣き霜」という言葉もあります。

霜注意報は季節限定の注意報

寒い冬の間、植物の芽は固い殻などで守られていますので、霜が降りても被害がありません。

被害が出るのは、主に春になって植物が生育してからの霜(遅霜)です。

秋の収穫前の霜(早霜)でも被害が発生しますが、冬の連日のように霜が降りている時には被害が発生しません。

このため、気象台等が発表する霜注意報は、遅霜と早霜についてだけで、季節限定の注意報です。

発表する期間は、その地方で栽培されている植物等によって異なります。

例えば、

東京都八王子市の霜注意報の基準

4月10日から5月15日で、最低気温が2度以下。

静岡県牧之原市の霜注意報の基準

早霜・遅霜期に最低気温が4度以下。

ちやっきり節

茶摘の歌には、お茶の産地・静岡の民謡「ちやっきり節」もあります。

静岡電気鉄道(現在の静岡鉄道)の狐ヶ崎遊園地のコマーシャルソングとして、昭和2年に北原白秋が作詞したもので、戦後に市丸がレコード化してから全国的に有名になりました。

静岡県内の地名や方言が入り、30番までありますが、各コーラス通しで「きゃあるが鳴くんて雨ずらよ」という囃子詞が入っています。

蛙が鳴くので雨であるという地元に伝わっている諺、つまり、蛙を使った天気予報を、北原白秋が作詞のために逗留していた静岡市の花柳地で聞き、取り入れたものです。

湿度が高くなると、雨の可能性と蛙の活動が共に増すからという説明がなされますが、実際に中央気象台(現在の気象庁)では、蛙が鳴くと雨が降る確率が高いという調査があります。

つまり、「ちやっきり節」には意味がある諺が入っていることになります。