酒蔵に交流スペースも・台風被災から再建の酒造「地元ににぎわいを」

新しいタイプの日本酒を生み出し、前進した後の被災だった なかのかおり撮影

2019年10月12日の台風19号で、酒蔵が60センチ浸水した福島県本宮市の「大天狗酒造」。周囲の支援を受けて被災後も酒造りを続けている。酒蔵の修繕に向け、一部に交流スペースを設ける計画を立てた。被災した地元を活性化し、恩返しをしたいという。少人数の手作業で仕込みを進めつつ、1月にクラウドファンディングをスタート。「リアルな人間関係」からSNSを経て、共感が広がっている。

前編の現地レポートはこちら→「酒蔵を守りたい」台風19号浸水の老舗酒造、仲間の支援で仕込み続ける

●1か月遅れで仕込み

大天狗酒造は、台風19号の影響で酒蔵が浸水し、瓶詰めや瓶洗いの機械も、仕込み直前の米と麹も、使えなくなってしまった。でも、県内外の知人たちが駆けつけ、力になってくれた。片付けや掃除をしたり、SNSで支援を呼びかけたり。混乱の中で、何とか酒造りを続けた様子を、社長の伊藤滋敏さん(65)さんに聞いた。

「もともと、10月14日から仕込みの予定でした。まず米がないと酒が作れない。蔵はきれいにできたものの、精米所の米は濡れてしまっていて。農家に預けてあった米は、大丈夫だった。全体の5分の1しかなかったけれど、それを使って作り始めようと。それまでは地元産の米で作っていたのですが、別のエリアから県内産の米を手配してもらって、だんだん米が入るようになりました」

日本酒の仕込みは、寒い時期にするのが基本で、暖かくなってくると調整が難しい。およそ1か月遅れで、仕込みを始めた。当初の予定よりは少なくなったものの、酒造りができるようになった。

使えなくなった機械は、行政に補助金を申請し、新たに買うしかない。「通常は、11月から3月ごろまで、小さなタンクで繰り返し仕込みます。麹を作り、1か月ぐらいで酒ができる。それを搾り、手作業で瓶詰めします。今回は、他の酒蔵に簡易の機械を借りられました。1か月遅れたので、4月ごろまでの予定です」

手作業で仕込みにあたる社長の伊藤さんと杜氏の小針さん親子 なかのかおり撮影
手作業で仕込みにあたる社長の伊藤さんと杜氏の小針さん親子 なかのかおり撮影

●リアルに付き合う人たちのすごさ

大天狗酒造は、酒蔵の再建に向け、クラウドファンディングサイト「レディーフォー」を利用して支援金を募っている。機械と建物の原状復帰にかかる費用は約5000万円で、一部は補助金をあてるが、負担が大きいためだ。

伊藤さんの娘で杜氏の小針沙織さん(32)は、クラウドファンディングの仕組みは知っていて、以前から勧められていた。水害を機に、「今なら」と決断したという。1月10日~2月28日に期間を設定し、開始後わずか4日で、最初の目標額である300万円が集まった。

「クラウドファンディングでは、リアルに付き合っている人たちの力のすごさを感じました。フェイスブックにお知らせを投稿しただけで、友人がどんどん拡散してくれました」と小針さん。

小針さんは、2014年に実家の大天狗酒造に戻るまで、全く違う仕事についていた。酒造りは、父や従業員と働きながら覚えた。かたわらで「福島県清酒アカデミー」にも参加し、他の酒蔵の仲間とつながりができた。2017年には、デザイナーに依頼してラベルにもこだわり、新しいタイプの日本酒「卯酒」を生み出した。購買が増え、伊藤さんも喜んでいた。

クラウドファンディングのサイトでは当時の様子が紹介されている(スクリーンショット)
クラウドファンディングのサイトでは当時の様子が紹介されている(スクリーンショット)

●地域の人と新酒を祝いたい

若い感性を生かして、小針さんはSNSやオンラインの発信に力を入れていた。今回のクラウドファンディングでは、勉強や営業を通して築いた縁と、SNSを通した見知らぬ人たちの支援の双方が、再建を後押ししている。

クラウドファンディングは最終的に、改修費やクラウドファンディング手数料を含めた800万円の支援を目指す。修繕だけでなく、酒蔵の一部を、試飲やイベントなどで地元の人が集うスペースにする計画を立てている。5月には工事に入り、完成したら、搾りたての新酒を味わう会を開く予定だ。