朝ドラ「おちょやん」で注目度が急上昇。井上拓哉を衝き動かす名優の言葉

NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」に出演中の井上拓哉

 NHK連続テレビ小説「おちょやん」で主要キャストの一人・富川福助を演じている井上拓哉さん(25)。関西を拠点に活動するワタナベエンターテインメントの俳優集団「劇団Patch」のメンバーで、これまで朝ドラ「あさが来た」「まんぷく」などにも出演してきましたが、今回の出演でさらに注目度が高まっています。急速にスターへの階段を駆け上がっていますが、その歩みを支えるのは名優の言葉だと言います。

とにかく悔しい

 これまでは主人公の友達の友達とか、物語の中心から“距離”のある役が多かったんですけど、今回は主人公の幼馴染というか、同い年の役柄。

 去年の12月頃、決定の連絡をもらった時にはマネージャーさんに「ホンマに僕なんですか?」と聞き直しました(笑)。

 今までにない大役ということで、家族もすごく喜んでくれまして。あまり連絡がなかった友だちからも連絡がありましたし。改めて、朝ドラの影響力を再認識しました。

 そもそも、この仕事をし始めたきっかけというのは、友だちだったんです。小学校からの友だちで、小さい頃から芸能活動をしていた子だったんですけど、家もすぐ近くで。本当に仲良くて、ずっと一緒に遊んでたんです。

 高校生になった頃、2人でUSJに遊びに行ったんです。当然、USJにはたくさんお客さんが来てたんですけど、その子がファンの方々からこれでもかと声をかけられていたんです。「〇〇さんですよね!?」と。

 それを横で見ていた時に、なんというか…、すごく悔しかったんです。同い年やけど、負けてる気がして。とにかく悔しい。もともと、漠然と芸能界への憧れはあったんですけど、その体験があって、自分もそちらに進んでみようと思ったんです。

 ただ、自分はアイドルには向いてないと思ってましたし、お芝居ができたらなと思っていたら、ちょうど「劇団Patch」の応募があった。しかも、関西が拠点ということだし「これだ!」と思ってオーディションを受けたんです。

「負けてたまるか!」

 幸い、合格できたんですけど、入ってみると、これが思っていたよりも全然楽しくなくて。いや、別に「劇団Patch」がアカンということではなく(笑)、僕の意識の問題というか、この世界に入ったらすぐに売れるもんだと思い込んでいたんです。

 でも、当然そんな簡単ものではないですし、最初の舞台「OLIVER BOYS」をやった時に、あまりにも大変すぎて全く楽しめなかったんです。想像していたキラキラしていた世界とは違う。そんな思いがあって、最初の1年くらいは全然楽しくなかったんです。

 ただ、そこで辞めなかったのは、ずっとスポーツをやってきたからだと思います。バスケ、野球、テニス、ソフトボール。そういうものをずっと続けてきて、そこで負けず嫌いというか「負けてたまるか!」という心が根付いていたんだろうなと。

 そこから、2回目の舞台「巌窟少年」の時に、やっとお芝居と向き合えた気がしました。最初は舞台の上手(かみて)・下手(しもて)も分からないし、セリフを覚えることだけで精いっぱいだったのが、2回目になると、自分の中でいろいろ試すこともできた。そこで面白みを感じたんです。

 あと、ずっと「劇団Patch」で演出を担当してくださっている末満健一さんという方がいらっしゃって、すごく厳しい方なんです。だけど、きちんと真正面から叱ってくださるし、ダメ出しに愛がある。

 大人になって叱られることがなくなってくる中、しっかりと叱ってくれる、ぶつかってきてくださる。そこに負けてたまるかとも思いましたし、そうやってくださること自体が、とてもありがたいことですし。

 今でも誉めてもらえてるとは全く思えないんですけど、いつの日か末満さんに「井上も頑張ってるな」と思ってもらえるように、何とか頑張ってるところです。

画像

堤真一の「まだまだ」

 共演した方からも大きな刺激をいただくことが多くて。僕、堤真一さんに憧れていて、去年、映画「決算!忠臣蔵」で共演させていただいたんです。

 松竹の撮影所で撮っていて、クランクアップの時に堤さんがみんなを前におっしゃったんです。

 「若い頃から付き人として、この松竹の撮影所でやってきて、今、自分が主人公をやらせてもらっている。こんなにありがたいことはありません。ただ、自分はまだまだです。これからも何とか頑張っていきます」

 そう言って、涙を流してらっしゃったんです。堤さんが重ねてこられたものというのも強く感じましたし、堤さんが「まだまだ」なら、僕はどれだけ「まだまだ」なんだと。その言葉というのは、今も深く心に突き刺さっています。

 今は「おちょやん」と全力で向き合ってますし、これからも常にお芝居に触れておきたい。毎日、疲れ果てるまでやっていたい。そんな思いです。

 芝居以外に力を入れていることですか?僕、焼肉に行くのが大好きでして。しかも、一人で行くのが好きなんです。というのも、こだわりがありまして…。

 まず、七輪じゃないとイヤなんですよ。鉄板を使ってガスで焼いた方が熱の入り方が均等になって美味しいとも聞くんですけど、僕はホルモンが好きでして。七輪の炭火で、ホルモンをじっくり焼く。それがいいんですよ(笑)。

 例えば、テッチャンとかは皮目というか、そちらから焼かないといけないんです。まずは七輪の真ん中にテッチャンを置いて強火で皮目から焼いて、火が通ったなと思ったら弱火にあたる七輪の外側にズラすんです。そこでじっくりと熱を通してから、最後に強火で脂の部分を十数秒ほど焼いて食べる。

 こういうこだわりを完遂しようと思うと、一人で行かないとできないんです(笑)。友だちと行ってたら「お前、ウザいねん」と言われかねませんし…。

 「おちょやん」ではトランペットを吹く役でもあるんですけど、その練習もやるとなったらすごくこだわってやってますし、そういう性分なんでしょうね。

 良い意味でそこを生かし、そして、焼肉ではもめないようにしながら(笑)、これからも頑張っていきたいと思います。

画像

(撮影・中西正男)

■井上拓哉(いのうえ・たくや)

1995年11月7日生まれ。兵庫県出身。ワタナベエンターテインメント所属。ワタナベエンターテインメントの俳優集団「劇団Patch」のメンバー。身長172センチ。NHK連続テレビ小説には「あさが来た」から「まんぷく」まで、4年連続で出演している。11月30日からスタートした「おちょやん」に出演中。杉咲花演じるヒロインの奉公先のライバル茶屋「福富」のひとり息子・富川福助役を演じている。

立命館大学卒業後、デイリースポーツ社に入社。芸能担当となり、お笑い、宝塚歌劇団などを取材。2003年、故桂米朝さんにスポーツ紙として異例のインタビューを行う。「上方漫才大賞」など数々の賞レースで審査員も担当。12年に同社を退社し、株式会社KOZOクリエイターズに所属する。現在、読売テレビ・中京テレビ「上沼・高田のクギズケ!」、中京テレビ「キャッチ!」などにレギュラー出演中。「Yahoo!オーサーアワード2019」で特別賞を受賞する。また、CNN、BBC、ニューヨークタイムズなどが使用する記事分析ツール「チャートビート」が発表した「2019年で注目を集めた記事100」で世界8位となる。

有料ニュースの定期購読

中西正男のここだけの話~直接見たこと聞いたことだけ伝えます~サンプル記事
月額330円(初月無料)
月6回程度
1999年にデイリースポーツ入社以来、芸能取材一筋。2019年にはYahoo!などの連載で約120組にインタビューし“直接話を聞くこと”にこだわってきた筆者が「この目で見た」「この耳で聞いた」話だけを綴るコラムです。最新ニュースの裏側から、どこを探しても絶対に読むことができない芸人さん直送の“楽屋ニュース”まで。友達に耳打ちするように「ここだけの話やで…」とお伝えします。粉骨砕身、300円以上の値打ちをお届けします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    儲かってないフリをする先輩芸人はもうダサい!? 第7世代の”YouTuber的”価値観谷田彰吾1/19(火) 8:12
  2. 2
    【「麒麟がくる」コラム】正親町天皇は、織田信長が神になろうとしたことを恐れたのだろうか渡邊大門1/20(水) 9:30
  3. 3
    【「麒麟がくる」コラム】正親町天皇が口にした桂男とは、いったい何者なのか渡邊大門1/19(火) 9:14
  4. 4
    直木賞直前予想。NEWS加藤シゲアキの受賞はあるか?大森望1/20(水) 7:00
  5. 5
    日本の性善説に挑む『青のSP』~若者ドラマ『ボス恋』『ウチカレ』と一線を画す硬派エンタメの可能性~鈴木祐司1/19(火) 20:38
  6. 6
    【「麒麟がくる」コラム】豊臣秀吉はもともと中国人だったのか。朝鮮側の史料から検証する渡邊大門1/18(月) 9:09
  7. 7
    「うっせぇわ」大反響の驚異の18歳・Ado、台頭を果たしつつあるボカロネイティブ世代の新たな才能柴那典1/16(土) 7:30
  8. 8
    【「麒麟がくる」コラム】織田信長はどういう性格だったのか。フロイス『日本史』から見る渡邊大門1/17(日) 6:00
  9. 9
    「麒麟がくる」裏切られて当然の信長とヒーロー明智光秀 いよいよ本能寺の変に向けたフラグが立つ成馬零一1/17(日) 8:00
  10. 10
    羽生九段A級残留を占う大一番――第79期順位戦A級7回戦、羽生善治九段-稲葉陽八段戦展望古作登1/19(火) 6:42