14日に俳優・渡瀬恒彦さんが亡くなった。

17日に営まれた密葬では、自らも闘病中で公の場にはほとんど出てきていない兄・渡哲也がマスコミ対応。病床でも、出演予定だったドラマのセリフを覚えていた、など最期まで衰えることのなかった弟の情熱を明かした。

コワモテ俳優と評判だったが…

渡瀬さんとは不思議と縁があり、僕がデイリースポーツに入社したての20代半ばの頃から度々取材をさせてもらった。

最初に取材をしたのは、東映京都撮影所にある渡瀬さん専用の部屋。東映の撮影所には、小学校の教室の入口に“○年△組”みたいな札がつけられているように、部屋の入口に渡瀬さんや松方弘樹さんの名前を書いた小さな木の札が掲げられた看板俳優さん専用の部屋があるのだが、その中でのインタビューだった。

先輩記者から「渡瀬さん、若い頃は□□さんも、△△さんもシメた人だからな…」などと有名なコワモテ俳優をぶちのめした武勇伝を吹き込まれ、なんとも言えない緊張感で入室。こちらは完全にビビッているため質問が滞る場面もたびたびあったのだが、全くイラつくそぶりもなく「大丈夫、大丈夫!!」と柔和な笑顔を返してもらったことを昨日のことのように思い出す。

ただ、優しさの中にも、すごみを感じたのは渡瀬さんのオーラ。座っていようが、スタッフさんと雑談していようが、そこらへんを歩いていようが、渡瀬さんの半径2メートルくらいは芝居の空気というか、映画の空気というか、何をしていても絵になる存在感と、容易には近づけない迫力があったこともしっかりと覚えている。

男気と親分肌が魅力だった

年代的には個人的に深い付き合いがあったわけではないが、大先輩の記者に話を聞くと、みんな同じようなことを力説する。

「もし、京都の撮影所の昔からのスタッフさんに『あなたが好きなスターさんは?』というアンケートをとったとしたら、名だたるスターの中でも間違いなくトップクラスに入ってくるのが渡瀬さん。豪快さと陽気さで愛されたのが松方弘樹さんだとすると、男気と親分肌で愛されたのが渡瀬さんだった。

京都にあった渡瀬さんの家は、当時、スタッフのたまり場にもなっていたし、本当に多くの人から慕われる存在だった」(京都の撮影所をよく知るベテラン記者)。

悪役や斬られ役にも光を!

今でこそ、悪役や斬られ役にも光があたる世の中になったが、実は、その源流を作ったのも渡瀬さん。忘年会などの場で大部屋の悪役俳優を集め、彼らの話を聞くうちに「なんとか、こいつらが出る流れも作れないものか」と考え、自らが発起人となり“ピラニア軍団”を立ち上げさせ、主役以外も脚光を浴びるシステムを考案した。

「昔は、今なんかと比べ物にならないほど、主役と脇役の差が歴然としていた。光があたるのは主役だけ。そのほかは、文字どおり、死に役だった。その時代で、この考え方ができるのは画期的なこと」(前出ベテラン記者)。

圧倒的な男気で、周りの人間の心をわしづかみにした渡瀬さん。とてつもなく分厚いページがまた閉じてしまった。