井山裕太棋聖を破り、「十段」挑戦を決めた芝野虎丸名人が、その足で向かった先とは?

写真撮影に応じる芝野虎丸名人。第一ホテル東京にて。2020年1月31日、筆者撮影

今後の囲碁界の勢力図を決めるであろう「十段」挑戦者決定戦が1月30日に打たれ、芝野虎丸二冠(名人、王座)が井山裕太三冠(棋聖、本因坊、天元)を快勝で破って、挑戦者となった。タイトルをひとつ積み上げるチャンスを手に入れた。

これで両者の対戦成績は5勝1敗と、虎丸名人が圧倒。井山棋聖は苦手に思っているのだろうか。

虎丸名人はどこに向かったか?

挑戦者決定戦は、棋士序列上の井山棋聖の本拠地、日本棋院関西総本部(大阪市)で打たれた。

井山棋聖は翌31日には2月1日から長崎市で打たれる棋聖戦第3局に向かった。相変わらずのハードスケジュールだ。

一方、自宅が東京の虎丸名人は、翌日午前中に大阪を発つ。その足で向かった先とは……?

上野愛咲美女流本因坊の就位式へ

正午。虎丸名人は、東京都港区「第一ホテル東京」に現れた。上野愛咲美女流本因坊の就位式に参加するためだ。

虎丸名人は、なんと、花束プレゼンターとして登場。人生初の経験だったそう。

シークレットゲストだったのか、虎丸名人の名前は式次第になかった。上野女流本因坊のお母さんは「来てくれるなんて、知りませんで。娘が教えてくれなくて。忙しい中、ありがとうございます」と恐縮していた。

上野女流本因坊と虎丸名人、広瀬優一四段の3人は研究会「たこぽん」(名称は上野女流本因坊が名付けた)仲間で親しい間柄なのだが、時の名人が花束贈呈を務めたのは非常に珍しい。史上最年少の名人だからこそ、実現したのだろう。

上野愛咲美女流本因坊の就位式にて。花束贈呈を務めた芝野虎丸名人と上野女流本因坊。第一ホテル東京にて。=2020年1月31日、筆者撮影
上野愛咲美女流本因坊の就位式にて。花束贈呈を務めた芝野虎丸名人と上野女流本因坊。第一ホテル東京にて。=2020年1月31日、筆者撮影

虎丸名人は「上野さんとは、ふだんから一緒に勉強しているので、自分が勝つこと以上に嬉しいです」とお祝いを述べた。

司会者に「上野さんはどんな人ですか?」ときかれると、虎丸名人は「勉強熱心で優しくて、気もつかえるイメージがあります」。さらに、「何か気をつかってもらった具体的なエピソードは?」と突っ込まれると、「そう言われてみると……」と笑ってすました。

上野女流本因坊のほうが、「虎丸先生は気をつかってくれます。研究会のときに、チーズケーキやジュースを買って持ってきてくれます」と笑顔でこたえていた。

研究会仲間

虎丸名人はふだん、自宅などではインターネット対局が中心で、はやりのAIを使っての研究はしていないという。

AIを駆使して、深く熱心に研究しているのが上野女流本因坊だ。虎丸名人は、上野女流本因坊と研究会をすることでも、AIの知見などを吸収している。

若手トップのふたりは、お互いの得意を生かしながら精進し、高めあっているのだ。

囲碁観戦記者・囲碁ライター。神奈川県平塚市出身。1966年生まれ。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。お茶の水女子大学囲碁部OG。会社員を経て現職。朝日新聞紙上で「囲碁名人戦」観戦記を担当。「週刊碁」「NHK囲碁講座」「囲碁研究」等に随時、観戦記、取材記事、エッセイ等執筆。囲碁将棋チャンネル「本因坊家特集」「竜星戦ダイジェスト」等に出演。棋士の世界や囲碁の魅力を発信し続けている。著書に「井山裕太の碁 強くなる考え方」(池田書店)、「それも一局 弟子たちが語る『木谷道場』のおしえ」(水曜社)、「囲碁の人ってどんなヒト?」(マイナビ出版)。囲碁ライター協会役員、東日本大学OBOG囲碁会役員。

有料ニュースの定期購読

内藤由起子の「花見コウ」〜囲碁観戦記者 ここだけの話〜サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
囲碁界取材歴20年を超える囲碁観戦記者・囲碁ライターが、囲碁界のオモテウラをお話しします。小耳にはさんだ最近の話から今だから話せる昔あったあの事件の裏側、記事にできなかった取材こぼれ話など、現場で見聞きしたここだけのとっておきの話をランダムに発信します。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「THE W」準優勝、注目の女性コンビ「はなしょー」が明かす葛藤 中西正男2/16(日) 11:07
  2. 2
    脚本家・大石静が『知らなくていいコト』で示した、「不倫報道」への違和感!? 碓井広義2/15(土) 5:04
  3. 3
    新鋭・本田奎五段(22)タイトル戦初勝利 棋王戦五番勝負第2局で渡辺明棋王(35)を降す 松本博文2/16(日) 19:52
  4. 4
    電気グルーヴの二の舞か、槇原敬之の全作消滅? 日本レコード会社のガラパゴス的「自粛」の異様さとは? 川崎大助2/15(土) 12:00
  5. 5
    気になる男・島太星 「天才」はどこまでもピュアで「天然」 田中久勝2/16(日) 10:07
  6. 6
    令和によみがえった「ゲーム脳」の“亡霊” ゲーム依存症対策条例案なぜ総ツッコミ受ける? 河村鳴紘2/16(日) 12:00
  7. 7
    新型コロナウイルス 音楽業界への影響は? レジー2/15(土) 17:01
  8. 8
    女性初の棋士昇格、四段昇段なるか? 西山朋佳三段(24)三段リーグ暫定3位で残すはあと2戦 松本博文2/16(日) 21:07
  9. 9
    羽生善治七冠達成、藤井聡太七段チョコレート300個 将棋界におけるバレンタインデーの記録 松本博文2/14(金) 23:31
  10. 10
    『ヲタ恋』実写版が原作ファンとハレーションを起こした理由 飯田一史2/12(水) 13:00