25日のKBOリーグは全5試合が17時開始で行われた。

首位のSSGランダーズと9位NCダイノスの対戦は8-1でSSGが勝利。SSGは3連勝で貯金を21とした。

SSGの先発キム・グァンヒョンは本調子とは言えない投球ながら、スライダー、カーブ、チェンジアップの変化球を主体とした投球で凌いでいった。

3回表には1死満塁で4番ヤン・ウィジを、ショートゴロ併殺打に打ち取りピンチを脱出。その後もランナーを出しても得点を与えず、6回106球を投げて7安打無失点。奪った三振は3つでNC打線を打たせて取る、深みのある投球で抑えていった。キム・グァンヒョンは8勝目(1敗)で防御率はリーグトップの1.43を記録している。

SSGはこの日、親会社のグループ企業、大手コーヒーチェーンの「スターバックス」とのコラボ企画を実施。「スターバックス・デー」と銘打ち、SSGの選手はスターバックスのシンボルカラーの緑色、ロゴが施されたユニフォームと帽子(通常は赤文字)を身に着けてプレーした。

昨年に続き2度目のスターバックス・デーを実施(写真:SSGランダーズ)
昨年に続き2度目のスターバックス・デーを実施(写真:SSGランダーズ)

(関連記事:史上初!?スターバックスと球団がコラボ ユニフォームと帽子にロゴも

◇6月25日(土)の結果

・トゥサン 6 - 8 KIA(チャムシル)

 勝:イ ジュンヨン

 敗:パク チグク

・SSG 8 - 1 NC(インチョン)

 勝:キム グァンヒョン

 敗:ソン ミョンギ

・KT 2 - 7 LG(スウォン)

 勝:プルトコ

 敗:デスパイネ

・ハンファ 2 - 5 サムスン(テジョン)

 勝:スアレス

 敗:キム ミンウ

・ロッテ 5 - 13 キウム(プサン)

 勝:チョン チャンホン

 敗:キム ジンウク

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「復帰のミランダ、1回途中7四死球で降板」

昨季のMVPで今季は左肩痛により4月から戦列を離れていた、トゥサンベアーズのアリエル・ミランダ(元ソフトバンク)が復帰。約2か月ぶりに登板した。KIAタイガース戦に先発したミランダは初回、打者9人に対し2度の3連続を含む7つの四死球。2三振、4失点でマウンドを降りた。1イニング7四死球はリーグ新記録となった。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

KIA戦に1番センターで先発出場。1打席目セカンドゴロ、2打席目空振り三振、3打席目見逃し三振で二塁走者がスタートを切って三振ゲッツーに。4打席目センターフライ、8回裏2死ランナーなしでレフト前ヒットを放った。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。