21日のKBOリーグは全5試合が17時開始で行われた。

トゥサンベアーズ-ロッテジャイアンツ(チャムシル)はトゥサン打線がロッテのエース、パク・セウンに対し、相手の守備の乱れもあって4回までに5得点。7、8回にも計7点を追加したトゥサンが12-4で勝利した。

トゥサンは3番カン・スンホが3安打4打点の活躍。大勝したトゥサンは連敗を5で止めた。

◇5月21日(土)の結果

・トゥサン 12 - 4 ロッテ(チャムシル)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:パク セウン

・キウム 11 - 2 ハンファ(コチョク)

 勝:エップラー

 敗:チャン ミンジェ

・SSG 3 - 4 LG(インチョン)

 勝:イ ミンホ

 敗:イ テヤン

・サムスン 2 - 5 KT(テグ)

 勝:キム ジェユン

 敗:ムン ヨンイク

・KIA 4 - 7 NC(クァンジュ)

 勝:キム ジンホ

 敗:イム ギヨン

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

ロッテ戦に1番ライトで先発出場。1打席目、2打席目四球、4回の3打席目1死一塁で、一塁走者のスタートで広く空いた三遊間を破るヒット。後に二塁に進塁し、二死でのワイルドピッチの際に三塁進塁を試みたがアウトになった。4打席目セカンドゴロ、8回の5打席目は1死一塁でレフト前ヒットを放ち、カン・スンホの3点二塁打で生還した。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◆「リーグトップクラスの出塁率と平均投球数」

5月に入り1番打者に定着したアン・グォンスは、規定打席不足も打率3割5分5厘をマークし、出塁率はリーグトップクラスの4割6分2厘。一打席あたりの平均投球数(P/PA)も4.43と高く、トップバッターとして役割を果たしている。

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。