20日のKBOリーグは全5試合が18時30分開始のナイトゲームで行われた。

キウムヒーローズ-ハンファイーグルス(コチョク)は4-3でキウムが勝利。キウムは4回裏1死二、三塁で5番ソン・ソンムンの2点タイムリーで先制。ソン・ソンムンは6回にも、無死二塁でライトへタイムリーヒットを放った。

開幕直後低迷が続いたソン・ソンムンは5月に入って打撃が上向くも、現在の打率は2割3分5厘。しかし22打点、決勝打5本はいずれもチームトップで、この日もチームの4得点中3点を叩き出して勝利に貢献した。

◇5月20日(金)の結果

・トゥサン 0 - 4 ロッテ(チャムシル)

 勝:ナ ギュンアン

 敗:ストック

・キウム 4 - 3 ハンファ(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ユン デギョン

・SSG 5 - 4 LG(インチョン)

 勝:ソ ジンヨン

 敗:コ ウソク

・サムスン 1 - 5 KT(テグ)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:イ スンヒョン

・KIA 5 - 3 NC(クァンジュ)

 勝:ノリン

 敗:イ ジェハク

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「記録の異議申し立てが可能に」

韓国野球委員会(KBO)は17日の試合後から、公式記録員が判断した「安打」、「失策」、「野手選択」(フィルダースチョイス)に対して、異議がある球団または選手は試合終了後24時間以内に書面で申請することが出来るようになった。

審議は3人の委員が行い、訂正の有無は申請の締め切り日から5日以内に通知される。この制度はホ・グヨン新総裁(コミッショナー)が選手、球団と協議し、新たに導入が決まった。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

ロッテジャイアンツ戦に1番ライトで先発出場。1打席目レフト前へのヒット、2打席目空振り三振、3打席目センターフライ、4打席目は四球を選んだ。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。