15日のKBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われた。

9連敗中のハンファイーグルスは地元テジョンでロッテジャイアンツと対戦。

ハンファは2-3で1点を追う5回裏、1点を挙げて同点に追いつき、1死満塁のチャンスで打席には3番チョン・ウンウォン。チョン・ウンウォンはロッテの先発、エースのパク・セウンのスライダーをレフトに運ぶ4号満塁ホームラン。7-3と勝ち越しに成功した。

防御率1点台でリーグ2位のパク・セウンから7安打7得点を挙げたハンファが、8-4で勝利し連敗を9で止めた。

◇5月15日(日)の結果

・LG 6 - 3 KIA(チャムシル)

 勝:イ ミンホ

 敗:イム ギヨン

・SSG 7 - 8 NC(インチョン)

 勝:ウォン ジョンヒョン

 敗:チョ ヨハン

・KT 1 - 5 キウム(スウォン)

 勝:パク チュソン

 敗:リュ ヒウン

・ハンファ 8 - 4 ロッテ(テジョン)

 勝:チャン ミンジェ

 敗:パク セウン

・サムスン 4 - 3 トゥサン(テグ)

 勝:ホン ジョンウ

 敗:チョン チョルウォン

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「ク・ジャウク、復帰後最初の打席で一発」

サムスンライオンズ-トゥサンベアーズ(テグ)では、腰痛でエントリーを外れていたサムスンのク・ジャウクが3番ライトで先発出場。1回の最初の打席で、初球をライトスタンドに1号ソロを放った。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサンベアーズ)>

サムスン戦に1番ライトで先発出場、1打席目見逃し三振、2打席目ショートゴロ併殺打、3打席目サードライナー、4打席目は代打にシン・ソンヒョンが起用され退いた。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載しています。