9日の韓国KBOリーグは3試合が17時開始で行われました。

SSGランダーズ-ロッテジャイアンツ(インチョン)は2-0でSSGが勝利。両打線とも散発3安打の投手戦となる中、SSGのパク・ソンハン選手は2回に4号ソロ。5回にも二塁打で出塁し、三塁進塁後に暴投でホームに生還と2安打2得点を記録しています。

SSGは先発のチョ・ヨンウ投手が縦のスライダー、カーブで凡打を誘い、ロッテ打線を6回1安打無失点に抑えました。

7回以降は2、3番手のチャン・ジフン、ソ・ジンヨン両投手がそれぞれ1イニングを1安打無失点。9回をキム・テクヒョン投手が3人で抑えて完封リレーを見せています。先発のチョ・ヨンウ投手は4勝目(7敗)です。

SSGは60勝60敗11分けで勝率を5割として、試合がなかったキウムヒーローズと並ぶ5位に浮上しました。

◆「変則日程がスタート」

全5試合が3連戦または2連戦で行われる通常の試合日程が終わり、9日から雨天中止分を再編成した日程が始まりました。あす10日はダブルヘッダー1カードを含む4試合が行われます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、試合はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇10月9日(土)の結果

・LG 6 - 1 KT(チャムシル)

 勝:キム ユンシク

 敗:コ ヨンピョ

・SSG 2 - 0 ロッテ(インチョン)

 勝:チョ ヨンウ

 敗:イ スンホン

・ハンファ 4 - 6 KIA(テジョン)

 勝:ホン サンサム

 敗:カーペンター

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。