3日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

トゥサンベアーズ-サムスンライオンズ(チャムシル)は1回表、サムスンが無死満塁で4番オ・ジェイル選手のセンターとレフトの間に落ちる2点タイムリーで先制。後続打者も犠飛や適時打で5点を挙げ、トゥサンの先発ユ・ヒグァン投手をマウンドから降ろしました。

サムスンは2死後も得点を重ね、初回に打者14人で10安打9得点。追うトゥサンもその裏4点を挙げて追い上げましたが、試合は13-9でサムスンが勝利。サムスンは先発全員の19安打、一方のトゥサンも15安打の打ち合いとなりました。

◆「首位KTが連敗を止める」

首位のKTウィズはSSGランダーズと対戦。1点リードの8回裏、エラーで逆転されるも、9回表にパク・キョンス選手のタイムリーで勝ち越しに成功し、連敗を4で止めました。2位LGツインズとのゲーム差は3.5です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

サムスン戦の7回表、1番センターのチョン・スビン選手に代わってライトの守備に入りました。8回裏無死二塁で打順が回り、センターの前に落ちる今季5本目のヒットを記録しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。4日は試合がありません。

◇10月3日(日)の結果

・トゥサン 9 - 13 サムスン(チャムシル)

 勝:ムン ヨンイク

 敗:ユ ヒグァン

・キウム 3 - 3 LG(コチョク)

 勝:

 敗:

・SSG 6 - 8 KT(インチョン)

 勝:イ デウン

 敗:チャン ジフン

・KIA 9 - 6 ハンファ(クァンジュ)

 勝:チョン サンヒョン

 敗:ファン ヨングク

・ロッテ 11 - 7 NC(プサン)

 勝:ク スンミン

 敗:キム ジンソン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。