14日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

NCダイノス-キウムヒーローズ(チャンウォン)は6-6で迎えた6回裏、NCは1死満塁のチャンスで、1番レフトで先発出場のチョン・ミンス選手がライトスタンドへ2号満塁ホームラン。4点をリードしました。試合は10-8でNCが勝利し、チョン・ミンス選手の満塁弾が決勝打となっています。NCは3連勝です。

チョン・ミンス選手はプロ14年目の32歳。ネクセン(現キウム)、KT、LGの3球団で戦力外となり今季NC入りしました。主に外野の控えとして起用され45試合に出場。12日のKIAタイガースとのダブルヘッダー第1試合で先発起用されると4年ぶりの一発を放ち、この日の2号満塁弾が通算6本目のホームランでした。

◆「イ・ヨンギュが1試合4盗塁」

キウムのイ・ヨンギュ選手がNC戦で1試合4盗塁を記録。1回と3回に三盗、4回と6回に二盗をそれぞれ決めました。リーグ最多記録は1993年にイ・ジョンボムさん(当時ヘテ)が残した1試合6盗塁です。

◆「モンゴメリー20試合出場停止」

韓国野球委員会は14日に賞罰委員会を開き、10日のKTウィズ戦で球審に暴言と威嚇行為を行ったマイク・モンゴメリー投手(サムスン)に20試合の出場停止、制裁金300万ウォン(約28万2,000円)を科しました。

(関連記事:「怒りロジン」を投げた外国人投手の処分決定 ぶつけられた球審は3日後に息子がドラフト指名の激動の日々

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KT戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月14日(火)の結果

・トゥサン 3 - 4 KT(チャムシル)

 勝:パク シヨン

 敗:ホン ゴンヒ

・SSG 5 - 11 ハンファ(インチョン)

 勝:キンガム

 敗:チェ ミンジュン

・サムスン 3 - 3 LG(テグ)

 勝:

 敗:

・KIA 7 - 8 ロッテ(クァンジュ)

 勝:キム ユヨン

 敗:メンデン

・NC 10 - 8 キウム(チャンウォン)

 勝:ソン ジョンウク

 敗:キム ソンジン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。