27日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止。4試合がナイトゲームで行われました。

キウムヒーローズ-ハンファイーグルス(コチョク)はキウムが2点を追う8回裏に3-3の同点とし、9回裏無死満塁で3番ソン・ソンムン選手のライトへのヒットでサヨナラ勝ちしました。

この試合、9回表のマウンドにキウムの抑えチョ・サンウ投手が登板。チョ・サンウ投手は東京オリンピック(五輪)で韓国代表のリリーフとして全7試合中、大会最多の6試合に登板。8イニング146球を投げて以後、8月10日に再開になった公式戦では登板していませんでした。

8月7日の五輪3位決定戦(ドミニカ共和国戦)以来の実戦登板となったチョ・サンウ投手は1イニングを投げ1安打2三振無失点。チームのサヨナラ勝ちで今季3勝目(4敗14セーブ)を挙げました。

◆「サムスン、ハンファ1次指名決定」

新人1次指名は各球団の地元校を中心とした指定校から指名できますが、前年の8、9、10位の球団のみ、1次指名日だった23日の1週間以内に地域に関係なく指名が可能です(今回まで)。その制度を利用し昨季8位のサムスンライオンズ、10位ハンファが以下の選手を指名しました(指名順は下位の10位から)。

サムスン イ・ジェヒョン内野手(ソウル高)

ハンファ ムン・ドンジュ投手(光州眞興高)

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

6回裏降雨コールドゲームとなったNCダイノス戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇8月27日(金)の結果

・LG 3 - 1 サムスン(チャムシル)

 勝:イ ミンホ

 敗:ウォン テイン

・キウム 4 - 3 ハンファ(コチョク)

 勝:チョ サンウ

 敗:チョン ウラム

・KT 6 - 4 SSG(スウォン)

 勝:イ デウン

 敗:キム テフン

・KIA 中 止 ロッテ(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・NC 4 - 2 トゥサン(チャンウォン)

 勝:イ ウソク

 敗:ロケット

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。