26日の韓国KBOリーグはダブルヘッダー1カードを含む、全6試合が行われました。

トゥサンベアーズ-ロッテジャイアンツ(チャムシル)はロッテが4-3で勝利。敗れたトゥサンは4連敗で借金2です。

昨年まで6年連続韓国シリーズに進出し、うち3度シリーズを制してきたトゥサンですが、今季は主力の多くが故障で戦列を離れるなど、近年にない厳しい状況となっています。

◆「KTがアルモンテをウエーバー公示申請」

KTウィズはソイロ・アルモンテ選手(元中日)をウエーバー公示申請したと発表しました。アルモンテ選手は阪神入りしたメル・ロハス・ジュニア選手に代わる新外国人打者としてKT入り。60試合に出場し打率2割7分1厘、7本塁打、36打点という成績でした。

入団以来、太もも裏痛で守備、走塁時に不安を抱えていたアルモンテ選手は、今週22日に右アキレス腱損傷で登録抹消。首位を争うKTはアルモンテ選手の回復を待たず、代替の助っ人にシーズン後半戦を託すことを決めました。

アルモンテ選手に代わってKTに加わるのは、昨季までハンファイーグルスでプレーしたジャレド・ホイング選手(前ブルージェイズ)。ホイング選手は2018、19年と走攻守で役割を果たしていました。昨季は振るわずシーズン途中でハンファを退団となりましたが、人柄を含めて評価が高く、KTは獲得に至っています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ロッテジャイアンツ戦の9回裏、ヤン・ソクファン選手の代走で出場しました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全6試合の結果です。

◇6月26日(土)の結果

・トゥサン 3 - 4 ロッテ(チャムシル)

 勝:チン ミョンホ

 敗:イ スンジン

・キウム 6 - 1 KIA(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:キム ユシン

・ハンファ 2 - 11 KT(テジョン)

 勝:ソ ヒョンジュン

 敗:カーペンター

・サムスン 5 - 10 LG(テグ)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:ケリー

 敗:チェ ジグァン

・サムスン 10 - 7 LG(テグ)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:ホン ジョンウ

 敗:チャ ウチャン

・NC 10 - 10 SSG(チャンウォン)

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。