24日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

この日のKTウィズ-KIAタイガース(スウォン)のKTの打順は2番にファン・ジェギュン選手、3番にカン・ベクホ選手が入り、ペ・ジョンデ選手が今季2度目となる4番に座りました。

試合は0-3でKTが3点を追う6回裏無死一塁で、4番のペ・ジョンデ選手がレフトに4号2ランホームラン。1点差としました。

KTは7回裏に相手のエラーで1点を挙げて3-3の同点とすると、8回裏2死満塁の場面で、4番ペ・ジョンデ選手がレフトに走者一掃の二塁打。KTが6-3と勝ち越しに成功し、そのまま勝利を収めています。

昨季144試合に出場し、今季もここまで64試合全試合に出場している、攻守に頼れるセンターのペ・ジョンデ選手は、この日は4番打者としてチームの期待に応えました。

◆「全球場、終盤に決着」

この日は5試合とも接戦に。1点差で逃げ切り勝利したサムスンライオンズを除き、決勝打が出たのは終盤の7回(NC)、8回(SSG、KT)、延長11回(キウム)でした。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズ戦の9回表、センターの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇6月24日(木)の結果

・トゥサン 1 - 2 キウム(チャムシル)

 勝:キム ソンミン

 敗:ナム ホ

・SSG 8 - 5 LG(インチョン)

 勝:キム テクヒョン

 敗:キム ユンシク

・KT 6 - 3 KIA(スウォン)

 勝:チュ グォン

 敗:パク チュンピョ

・サムスン 3 - 2 ハンファ(テグ)

 勝:ウォン テイン

 敗:キンガム

・ロッテ 4 - 6 NC(プサン)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:キム ジンウク

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。