黄金期を知る生え抜き21年目の38歳 一発を含む3安打の活躍<韓国KBOリーグ>

4号2ランを放ったキム・ガンミン(写真:SSGランダーズ)

11日の韓国KBOリーグは1試合が雨天中止。4試合がナイトゲームで行われました。

SSGランダーズ-キウムヒーローズ(インチョン)は、SSGが1回裏、4番チェ・ジョン選手の2点タイムリーで先制。6番ハン・ユソム選手の犠飛で3-0としました。

さらに2死一塁で7番のキム・ガンミン選手が、レフトへ4号2ランホームラン。SSGは初回に5点を挙げました。試合はキウムが終盤に追い上げるも一歩及ばず、8-6でSSGが勝利しています。

初回に一発を放ったキム・ガンミン選手は、4、6回にも鋭い打球のヒットを放ちこの日4打数3安打。

2001年にSSGの前身、SKワイバーンズに入団した生え抜き21年目の38歳は、7度の韓国シリーズ出場、4度のシリーズ制覇を経験しています。若手の台頭はありますが、広い守備範囲と強肩を誇るセンターとして、今季ここまでチームの外野手で最も多くのイニングを守っています。

◆「来週から入場者数、50%までアップ」

韓国野球委員会(KBO)は政府機関の文化体育観光部の指針により、来週15日の試合から、入場可能な観客数が増えると発表しました。ソーシャルディスタンスの強化レベル2段階の地域(ソウル、インチョン、キョンギ、テグ)は、現在の収容人員10%から30%へ。その他の1.5段階の地域は30%から50%にアップします。なお、コチョクスカイドーム(ソウル市)は室内ということで、20%までです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルスとの2軍戦、8回表に代打で出場し一塁ゴロでした。その裏、センターの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇6月11日(金)の結果

・LG 3 - 1 トゥサン(チャムシル)

 勝:チョン ウヨン

 敗:イ スンジン

・SSG 8 - 6 キウム(インチョン)

 勝:オ ウォンソク

 敗:チェ ウォンテ

・KT 6 - 5 ハンファ(スウォン)

 勝:キム ジェユン

 敗:チュ ヒョンサン

・サムスン 4 - 5 NC(テグ)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:オ スンファン

・ロッテ 中 止 KIA(プサン)

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。