サムスンが零封負け目前の9回2死に逆転成功 連敗止めて首位をキープ<韓国KBOリーグ>

土壇場で逆転打を放ったカン・ミンホ(写真:サムスンライオンズ)

17日の韓国KBOリーグは予定された4試合のうち、2試合が雨天中止となり、残り2試合がナイトゲームで行われました。

首位のサムスンライオンズと0.5ゲーム差で追う2位のLGツインズが、チャムシルで対戦。試合は1-0でLGがリードし、9回に突入しました。追うサムスンはLGの4番手、抑えのコ・ウソク投手に対し、1死から2番ク・ジャウク選手が四球で出塁、3番ホセ・ピレラ選手のヒットで一、三塁のチャンスを作りました。

しかし2死となりサムスンは後がなくなったところで、3割4分台の打率を誇る5番のカン・ミンホ選手が右中間への二塁打。二者が還って、サムスンが土壇場で2-1とし逆転に成功しました。さらにサムスンは6番イ・ウォンソク選手のタイムリーで1点を追加。3-1と2点をリードしました。

9回裏、サムスンは抑えのオ・スンファン投手が、ランナーを出しながらも0点に抑えてゲームセット。サムスンは首位転落目前で逆転勝ちし、連敗を止めました。LGの連勝は3でストップ。先発のケイシー・ケリー投手が7回2安打無失点と好投しましたが、3勝目とはなりませんでした。

◆「雨天中止で3投手が再スライドに」

16日の試合が中止となり、きょうに先発登板がスライドになったNCドリュー・ルチンスキー、KIAダニエル・メンデン、ロッテのダン・ストレイリーの3投手でしたが、この日も中止に。3投手ともあす18日に再スライドとなりました。いずれも対戦相手が変わってのスライド登板となります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、フューチャーズリーグ(2軍戦)はありませんでした。次の試合は19日のコヤンヒーローズ(キウム2軍)戦です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月17日(月)の結果

・LG 1 - 3 サムスン(チャムシル)

 勝:チェ ジグァン

 敗:コ ウソク

・SSG 3 - 8 トゥサン(インチョン)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:オ ウォンソク

・ロッテ 中 止 KT(プサン)

 勝:

 敗:

・NC 中 止 KIA(チャンウォン)

 勝:

 敗:

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。