4割超えで打率トップの21歳 先制&追加点を叩き出してチームは3連勝<韓国KBOリーグ>

先制打、追加点で2打点のカン・ベクホ(写真:kt wiz/初報から差し替え)

5月1日の韓国KBOリーグは、全5試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

KTウィズ-KIAタイガース(スウォン)はKTペ・ジェソン、KIAアーロン・ブルックス両先発投手の好投でスタート。KTは0-0の3回裏、1死一、二塁のチャンスを作ると、3番カン・ベクホ選手がライト前にタイムリーヒットを放ち、1点を先制しました。

試合は1-0でKTがリードのまま終盤に突入。KIAはブルックス投手が6回1失点でマウンドを降りました。KTは7回裏、3回と同じく9番シム・ウジュン選手が無死で出塁し、2死二塁で3番のカン・ベクホ選手が打席に入りました。

この場面でカン・ベクホ選手はセンター前ヒット。貴重な追加点となるタイムリーヒットで2-0としました。

試合は8回にも1点を追加したKTが3-0で勝利。KTは3連勝です。KTの先発ペ・ジェソン投手は7回100球を投げて被安打3、無失点で今季2勝目(2敗)を挙げています。

◆「打率4割超えのカン・ベクホ、リーグトップ」

決勝打となる先制タイムリーと、リードを広げるタイムリーを放ち、3打数2安打2打点と活躍したカン・ベクホ選手。打率は4割1分5厘でリーグトップです。ここまで24試合でノーヒットは2試合のみ。リーグを代表する21歳の好打者は、開幕2戦目以外は毎試合出塁しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

8回表、キム・インテ選手に代わってライトの守備に入り、9回表に守備位置をレフトに移動。9回裏の先頭打者で打順が回り、ファーストゴロでした。12回裏に2打席目が回りましたが、代打が送られ退いています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月1日(土)の結果

・トゥサン 2 - 5 SSG(チャムシル)

 勝:キム サンス

 敗:パク チョンギ

・KT 3 - 0 KIA(スウォン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:ブルックス

・サムスン 8 - 2 LG(テグ)

 勝:ヤン チャンソプ

 敗:イ ミンホ

・ロッテ 3 - 11 ハンファ(プサン)

 勝:キンガム

 敗:イ スンホン

・NC 9 - 13 キウム(チャンウォン)

 勝:キム ジョンイン

 敗:パーソンズ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。