7戦無失点のクローザーから1点もぎ取り 延長戦でKIAがLGに勝利<韓国KBOリーグ>

勝ち越しタイムリーのリュ・ジヒョク(写真:KIAタイガース/初報から差し替え)

22日の韓国KBOリーグは、全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のLGツインズ-KIAタイガースは2-2で延長戦に突入。KIAは10回表、9回2死から登板のLGのクローザー、コ・ウソク投手から四球2つで2死一、二塁のチャンスをつかむと、8番リュ・ジヒョク選手が一、二塁間をやぶるタイムリーヒット。3-2と勝ち越しし、1点のリードを守って勝利しました。

コ・ウソク投手はここまで7試合で無四球、無失点で5セーブを挙げていましたが、今季初の回またぎとなったこの日は2つの四球を与え初失点。初黒星となりました。

◆「キウム、連敗7でストップ」

先週14日から負けが続いていたキウムヒーローズは、打率2割6厘の4番パク・ピョンホ選手を先発オーダーから外し、ハンファイーグルスと対戦。8-3で勝利し、連敗を7で止めました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ロッテジャイアンツ戦の7回裏、ライトの守備に入りました。12-1でリードの8回表無死で打席が回り、結果はショートライナー、9回表2死二、三塁での2打席目はファーストゴロでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月22日(木)の結果

・LG 2 - 3 KIA(チャムシル)

 勝:チョン ヘヨン

 敗:コ ウソク

・ハンファ 3 - 8 キウム(テジョン)

 勝:ハン ヒョンヒ

 敗:チャン シファン

・サムスン 6 - 11 SSG(テグ)

 勝:ハ ジェフン

 敗:イム ヒョンジュン

・ロッテ 1 - 13 トゥサン(プサン)

 勝:ロケット

 敗:ストレイリー

・NC 5 - 11 KT(チャンウォン)

 勝:デスパイネ

 敗:ルチンスキー

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。