22歳で一度は戦力外を経験した37歳 1試合2アーチで通算2000安打達成<韓国KBOリーグ>

2000安打を達成したチェ・ヒョンウ(写真:KIAタイガース/初報から差し替え)

20日の韓国KBOリーグは、全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のLGツインズ-KIAタイガースはKIAが6-3で勝利しました。

KIAは4番指名打者で出場のチェ・ヒョンウ選手がKBOリーグ史上12人目の通算2000安打を達成しています。

チェ・ヒョンウ選手は1回表にライトへ先制の2号2ランホームラン。この1打で2000安打に王手をかけると、チェ・ヒョンウ選手は5回表の3打席目、2死一塁で初回に続き、先発のチョン・チャンホン投手からライトスタンドへライナーで飛び込む3号2ランを放ち、この一打で大記録に到達しました。

KIAがここまでの14試合で記録したホームランは3本で、すべてチェ・ヒョンウ選手が放ったものです。

◆「戦力外、軍服務を経てスター選手に」

通算2000安打を達成したチェ・ヒョンウ選手はプロ20年目の37歳。2002年にチョンジュ(全州)高から捕手としてサムスンライオンズに入団しました。しかし4年目のシーズンを終えたところで戦力外となりました。

サムスン退団後、軍に入隊したチェ・ヒョンウ選手は警察野球団(現在は活動終了)で外野手としてプレー。2軍リーグ南部リーグで打率、本塁打の二冠王になるなど活躍し、サムスンに復帰入団を果たします。

2008年、再びサムスンのユニフォームに袖を通したチェ・ヒョンウ選手は、中心打者として活躍。2011年には初の3割30本100打点超えで、本塁打、打点のタイトルを獲得するなど、以後サムスンの4連覇に大きく貢献しました。

16年に首位打者と打点王に輝くと、17年にFAでKIAに移籍。その年、KIAは8年ぶりの優勝を果たしました。チェ・ヒョンウ選手は昨季も打率3割5分4厘、2度目の首位打者を獲得しています。

下半身が安定した打撃フォームで広角に打ち分ける、韓国を代表するスラッガーはこの日大記録を打ち立てました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

サムスンとの2軍戦に2番センターで先発出場し、4打数1安打でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月20日(火)の結果

・LG 3 - 6 KIA(チャムシル)

 勝:ブルックス

 敗:チョン チャンホン

・ハンファ 7 - 3 キウム(テジョン)

 勝:キンガム

 敗:キム ジョンイン

・サムスン 7 - 10 SSG(テグ)

 勝:ムン スンウォン

 敗:イ スンミン

・ロッテ 10 - 5 トゥサン(プサン)

 勝:ノ ギョンウン

 敗:イ ヨンハ

・NC 2 - 5 KT(チャンウォン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:パーソンズ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。