軍から復帰のサイドスロー 先発で好投続けて2勝目を挙げる<韓国KBOリーグ>

先発で2勝目を挙げたコ・ヨンピョ(写真:kt wiz/初報から差し替え)

18日の韓国KBOリーグは、全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ-キウムヒーローズは、10-2でKTが勝利。KTは先発のコ・ヨンピョ投手が6回91球を投げて被安打5、キウム打線を2点に抑えました。

コ・ヨンピョ投手は今季3試合に先発し、いずれも安定感のある投球を見せてこの日2勝目。2017、18年と先発投手として役割を果たしたコ・ヨンピョ投手は軍服務を経て、今季チームに戻ってきました。

平均120キロに満たないチェンジアップと、130キロ台の直球を丁寧にコーナーに投げ込み、打者を打ち取っています。

KTはこの日の勝利で4連勝。敗れたキウムは5連敗で、最下位の10位に転落しました。

◆「チェ・ヒョンウ2000安打目前」

KIAタイガースのチェ・ヒョンウ選手はSSGランダーズ戦に4番指名打者で出場し、4打数1安打。通算2000安打まであと2本としました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

外野手のチョン・スビン選手が右内腹斜筋の損傷で登録抹消となりましたが、アン・グォンス選手は1軍には上がらず、外野守備も可能な内野手のパク・チフン選手が登録されています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月18日(日)の結果

・LG 1 - 9 トゥサン(チャムシル)

 勝:ミランダ

 敗:イ ミンホ

・SSG 4 - 2 KIA(インチョン)

 勝:フォント

 敗:ナム ジェヒョン

・KT 10 - 2 キウム(スウォン)

 勝:コ ヨンピョ

 敗:チェ ウォンテ

・ロッテ 0 - 7 サムスン(プサン)

 勝:ウォン テイン

 敗:パク セウン

・NC 3 - 11 ハンファ(チャンウォン)

 勝:カーペンター

 敗:イ ジェハク

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)