4発含む先発全員安打でLG大勝 眠れる5番も1発3安打でお目覚め<韓国KBOリーグ>

チェ・ウンソン(写真:LGツインズ)

14日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズ-LGツインズは、LGツインズが13-2で勝利。LGの先発チョン・チャンホン投手は、キウム打線を6回2安打無失点に抑え、打線は3、5、7、8番に一発が飛び出し、快勝しました。

中でも5番のチェ・ウンソン選手は、開幕から7試合で打率1割2分5厘、打点は0でしたが、この日は3回の2打席目に今季1号が飛び出して初打点。3、4打席にもヒットが出て3安打の活躍。今季初の複数安打となりました。

◆「土曜日17時開始が14時に変更になるケース」

KBOリーグでは試合開始時間が平日、土曜日、休日の3パターンに分けられていて、月ごとに開始時間が設定されています。

4月は平日が18時30分、土曜日が17時、休日が14時なのですが、土曜日の試合が14時に変更になることがあります。その理由は地上波テレビの中継のためです。通常、全5試合が4社・5つのケーブル系チャンネルで中継されていますが、土曜日の一部カードは地上波中継されます。

ただ17時開始だと通常の番組編成に与える影響が大きいため、地上波局の要望に応える形で、日中の14時開始に変更になります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

SSGランダーズとの2軍戦に1番センターで先発出場し、4打数3安打1打点1四球。3回に盗塁を決めています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月14日(水)の結果

・トゥサン 3 - 1 KT(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:ペ ジェソン

・キウム 2 - 13 LG(コチョク)

 勝:チョン チャンホン

 敗:キム ジョンイン

・SSG 0 - 3 NC(インチョン)

 勝:パーソンズ

 敗:ムン スンウォン

・サムスン 2 - 6 ハンファ(テグ)

 勝:キンガム

 敗:イ スンミン

・KIA 3 - 2 ロッテ(クァンジュ)

 勝:チョン ヘヨン

 敗:キム デウ

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。