元広島・ピレラ、1号決勝弾でチーム3連勝 アルモンテ(元中日)初アーチも3連敗<韓国KBOリーグ>

決勝ソロを放った元広島のホセ・ピレラ(写真:サムスンライオンズ)

10日の韓国KBOリーグは2試合がデーゲーム、3試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズとKTウィズの対戦は、サムスンが4-6で2点を追う7回裏、無死一塁で2番のク・ジャウク選手が右中間へ同点2ランを放ちました。

サムスンは1死後、打席には3回にタイムリーを放って今季初打点を挙げた4番のホセ・ピレラ選手(元広島)。ピレラ選手は1ストライクからの2球目、甘く入った直球を左中間に運ぶ、勝ち越しソロホームランを放ちました。昨季、リーグトップの77試合に登板したチュ・グォン投手からの一発でした。

7-6で1点リードとしたサムスンは、9回をオ・スンファン投手(元阪神)が締めてゲームセット。サムスンは開幕4連敗の後の3連勝です。

◆「アルモンテも今季第1号」

サムスンに敗れたKTは3連敗。初回に4番カン・ベクホ選手のタイムリーの後、5番ソイロ・アルモンテ選手が今季初アーチとなる3ランを左打席でライトに運び、4点を先制しましたが、逃げ切れませんでした。

◆「大量リードされたハンファ、野手2人が登板」

ハンファイーグルスはトゥサンベアーズ戦の1-14で迎えた9回表、5番手投手としてカン・ギョンハク内野手が登板。4失点すると、6番手にはチョン・ジンホ外野手が上がり、打者1人を抑えてイニングを終えました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

LGツインズとの二軍戦に1番センターで先発出場し、4打数1安打。2回に1盗塁を記録しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月10日(土)の結果

・LG 3 - 4 SSG(チャムシル)

 勝:キム テフン

 敗:チョン ウヨン

・ハンファ 1 - 18 トゥサン(テジョン)

 勝:ロケット

 敗:チャン シファン

・サムスン 7 - 6 KT(テグ)

 勝:イム ヒョンジュン

 敗:チュ グォン

・KIA 2 - 9 NC(クァンジュ)

 勝:ルチンスキー

 敗:イム ギヨン

・ロッテ 13 - 0 キウム(プサン)

 勝:ストレイリー

 敗:アン ウジン

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。