元中日・アルモンテ、左右両打席で3打数3安打の活躍<韓国KBOリーグ>

ソイロ・アルモンテ(写真:kt wiz/初報から差し替え)

23日の韓国KBOリーグのオープン戦は全5試合がデーゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークではKTウィズとLGツインズが対戦。KTの新外国人選手、昨年まで中日でプレーしていたソイロ・アルモンテ選手が4番レフトで先発出場しました。

スイッチヒッターのアルモンテ選手は、1回裏2死一塁でLGの先発、左腕のナム・ホ投手から右打席で三週間をやぶるヒット。

続く2打席目は3回裏1死一塁で右のソン・ウンボム投手から、左打席でライト前ヒットを放ちました。

5回裏の3打席目は無死一塁で左のチン・ヘス投手から右打席でセンター前ヒット。アルモンテ選手はここで代走が送られ、3打席で退きました。試合は4-4で規定により9回引き分けでした。

アルモンテ選手はここまでのオープン戦3試合で9打数5安打1打点を記録しています。

◆「あす24日はオープン戦なし」

公式戦では主に月曜日が移動日になっていますが、今年のオープン戦は20日土曜日から2連戦で試合が編成され、あす24日水曜日が休養日となっています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルス戦の8回表、3番一塁のホセ・フェルナンデス選手に代わって、レフトの守備に入りました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇3月23日(火)のオープン戦の結果

・トゥサン 3 - 4 ハンファ(チャムシル)

・KT 4 - 4 LG(スウォン)

・サムスン 3 - 3 キウム(テグ)

・ロッテ 3 - 2 SSG(プサン)

・NC 1 - 11 KIA(チャンウォン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球オープン戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。