【韓国シリーズ】8番を打つドイツ出身助っ人が貴重な一発 NCが接戦で初戦を制す<韓国KBOリーグ>

3ランを放ったアーロン・アルテール(写真:NCダイノス/初報から差し替え)

17日の韓国KBOリーグは公式戦1位のNCダイノスと、プレーオフを勝ち上がった3位のトゥサンベアーズによる韓国シリーズ第1戦が行われました。

試合はNCが初回に1点を先制。4回裏には2つの死球で1死一、二塁のチャンスを作ると、8番のアーロン・アルテール選手がトゥサンの先発ラウル・アルカンタラ投手から左中間へ3ランホームランを放ちました。

アルカンタラ投手が1ボールの後、5球続けて投じたフォークボール、フルカウントでの6球目をアルテール選手が完璧にとらえての一発でした。

4点を追うトゥサンは5、6回と相手のミスをきっかけに計3点を挙げ3-4と1点差に迫ります。

しかしNCは8回裏に1点を追加し、5-3で逃げ切り勝利。NCが初戦を制しました。NCは4年前の韓国シリーズ初出場ではトゥサンに4連敗を喫したため、この日の勝利がチーム創設以来初の韓国シリーズでの白星となりました。

敗れたトゥサンは3度の併殺打を喫するなど、打線のつながりを欠きました。

第2戦は18日の18時30分からコチョクスカイドームで行われます。予告先発はNCがク・チャンモ投手、トゥサンがクリス・フレクセン投手と発表されています。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「第3戦からさらに観客数を減らして実施」

新型コロナウイルス感染防止のため、韓国シリーズの観客数は球場収容人員の50%で実施されていますが、ソーシャルディスタンス強化レベルが再び上がったため、第3戦からは30%まで(最大5,100人)と変更になりました。

そのため、既に販売済みの第3戦以降のチケットはすべて自動的にキャンセルとなり、再販売となっています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

韓国シリーズ第1戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◇11月17日(火)の結果

・NC 5- 3 トゥサン(コチョク)

 韓国シリーズ 第1戦

 勝:ルチンスキー

 敗:アルカンタラ

 

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。