元千葉ロッテ・金泰均が男泣きの引退会見 冒頭の2分35秒間涙で言葉出ず<韓国KBOリーグ>

引退会見で目頭を押さえるキム・テギュン(写真:ハンファイーグルス)

22日の韓国KBOリーグは3試合がナイトゲームで行われました。

2~5位の4チームが1.5ゲーム差で争う中での、3位KTウィズと5位トゥサンベアーズの対戦は17-5でKTが大勝。KTの球団創設(1軍参入)6年目で初のポストシーズン進出が決まり、2位LGツインズとのゲーム差を0.5に縮めました。

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

またSKワイバーンズ-ロッテジャイアンツ(インチョン)ではロッテが6回表に、イ・デホ、イ・ビョンギュ、アン・チホン、ハン・ドンヒ選手の4人がリーグタイとなる4者連続ホームランを記録しました。試合はSKがサヨナラ勝ちしています。

◆「キム・テギュン、涙の引退会見」

21日に引退発表したハンファイーグルスのキム・テギュン選手(金泰均、元千葉ロッテ)が会見を行いました。

キム・テギュン選手は会見の冒頭、挨拶した直後から涙で言葉が出ず、2分半程経過したところで、感謝の言葉をしぼり出しました。

(映像:Eagles TV)

8月に2軍落ちした時に若手選手を見て、引退を決意したというキム・テギュン選手は、20年間の現役生活を振り返り、「記録は意識しなかったものの、300本塁打、2000安打、1000打点、そして注目された連続出塁記録(86試合)を残したことは満足している」と話しました。

8月15日の出場が現役最後となってしまったことについて、「全ての選手は始まりも終わりも重要だ。イ・スンヨプ、パク・ヨンテク先輩のようにいい終わり方を夢見たし期待もしたが、これがいまチームの状況を見て自分ができるベストの決断だと思う」と思いを口にしました。

(関連記事:「史上最大の下剋上」に貢献した元千葉ロッテ・金泰均 38歳での現役引退を決断

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KT戦の9回表、1番チョン・スビン選手に代わってセンターの守備に。9回裏無死一塁で打順が回り、初球を打ってレフトフライでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇10月22日(木)の結果

・トゥサン 5- 17 KT(チャムシル)

 勝:チョ ヒョンウ

 敗:イ スンジン

・SK 9- 8 ロッテ(インチョン)

 勝:ソ ジンヨン

 敗:キム ウォンジュン

・ハンファ 4- 10 KIA(テジョン)

 勝:ギャニオン

 敗:チャン ミンジェ

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。