秋夕(チュソク)連休3日目、2日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

ポストシーズン進出の権利が得られる5位以上を目指す6位トゥサンベアーズと、6位と1ゲーム差で5位のKIAタイガースの直接対決は、どちらもエースが先発。

トゥサンはこの日、中4日で登板のKIAの先発ヤン・ヒョンジョン投手に対し、2-3で1点を追う6回裏、3連打で同点に追いつき、さらに四球で満塁のチャンスを作りました。

この場面でヤン・ヒョンジョン投手は球数が99球となり降板。代わった2番手のチャン・ヒョンシク投手に対し、トゥサンは代打のオ・ジェイル選手が四球を選び、押し出しで4-3として勝ち越しに成功します。

トゥサンはなおも無死満塁で、1番ホ・ギョンミン選手が走者一掃のタイムリー二塁打。さらに3番チェ・ジュファン選手がライトへ14号2ランを放ち、この回7点を挙げました。試合はトゥサンが14-3で大勝し、KIAと再び同率5位で並びました。

トゥサンの先発ラウル・アルカンタラ投手は6回1/3を投げて3失点。15勝目(2敗)を挙げています。敗れたKIAのヤン・ヒョンジョン投手は6回途中6失点で8敗目(9勝)となりました。

◆「首位NC、11連勝で止まる」

首位のNCダイノスはサムスンライオンズに敗れて、連勝が11で止まりました。2位KTウィズとのゲーム差は6.5です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIA戦の5回表、前の回に代打で出場の9番キム・インテ選手に代わって、ライトの守備に入りました。6回裏に打順が回るも、代打にオ・ジェイル選手が入って退いています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇10月2日(金)の結果

・トゥサン 14- 3 KIA(チャムシル)

 勝:アルカンタラ

 敗:ヤン ヒョンジョン

・SK 5- 12 キウム(インチョン)

 勝:ヤン ヒョン

 敗:チョ ヨンウ

・KT 5- 2 LG(スウォン)

 勝:ユ ウォンサン

 敗:チョン ウヨン

・ロッテ 4- 1 ハンファ(プサン)

 勝:ストレイリー

 敗:チョン ウラム

・NC 2- 8 サムスン(チャンウォン)

 勝:チェ チェフン

 敗:ライト

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。