抜群の制球力でルチンスキー15勝一番乗り チームの首位の座守る<韓国KBOリーグ>

15勝目を挙げたルチンスキー(写真:NCダイノス)

17日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

6連勝中の9位SKワイバーンズと首位NCダイノスの対戦は投手戦に。両チーム無得点のまま8回に進み、8回に1点、9回に2点を挙げたNCが3-0で勝利しました。

NCの先発ドリュー・ルチンスキー投手は7回を投げて被安打3、無失点。捕手が構えたところに投球が収まり、101球中、65球がストライクで9つの三振を奪いました。

ルチンスキー投手はリーグトップの15勝目(3敗)。この日、2位キウムヒーローズが勝利したため、敗れると首位が入れ替わる可能性がありましたが、その座を守りました。ゲーム差は1のままです。

敗れたSKは連敗が止まっています。

◆「全球場で早い試合展開」

全5試合中、4試合が2時間台、最も長かったテグでも3時間6分と全球場、早い試合展開でした。今季のKBOリーグ1試合当たりの平均試合時間は3時間9分(延長戦を含まず)、ちなみにNPBは3時間13分です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

次のファームの試合は18日(金)にLGツインズ戦が予定されています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月17日(木)の結果

・LG 9- 1 ロッテ(チャムシル)

 勝:ウィルソン

 敗:ソ ジュンウォン

・キウム 5- 2 ハンファ(コチョク)

 勝:ブリガム

 敗:チャン シファン

・SK 0- 3 NC(インチョン)

 勝:ルチンスキー

 敗:キム テクヒョン

・KT 3- 0 トゥサン(スウォン)

 勝:クエバス

 敗:ユ ヒグァン

・サムスン 2- 12 KIA(テグ)

 勝:イム ギヨン

 敗:キム デウ

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。