巨人が阪神相手に左打ち9人のスタメン 2年前の韓国に共通点が

2年前のトゥサン、左打ち9人打線の3~6番打者(写真:トゥサンベアーズ)

9月16日の読売ジャイアンツ-阪神タイガース(東京ドーム)、巨人の先発ラインアップには1番から9番まで左打者が並んだ。

(右)松原聖弥

(遊)吉川尚輝

(一)亀井善行

(中)丸佳浩

(捕)大城卓三

(二)若林晃弘※

(三)田中俊太

(左)立岡宗一郎

(投)田口麗斗

※6番若林晃弘は両打ち

同じようなオーダーは2年前の韓国KBOリーグでもあった。2018年4月21日のトゥサンベアーズ-KIAタイガース(チャムシル)のトゥサンのスタメンだ。

(遊)リュ・ジヒョク

(右)クク・ヘソン※

(三)チェ・ジュファン

(指)キム・ジェファン

(一)オ・ジェイル

(二)オ・ジェウォン

(捕)パク・セヒョク

(中)チョ・スヘン

(左)チョン・ジンホ

※2番クク・ヘソンは両打ち

2018年4月21日のトゥサンのオーダー(写真:トゥサンベアーズ)
2018年4月21日のトゥサンのオーダー(写真:トゥサンベアーズ)

この試合でトゥサンのキム・テヒョン監督は打撃コーチに、「主力を休ませるオーダーを組むように」と指示。捕手のヤン・ウィジ(現NCダイノス)、三塁手ホ・ギョンミン、外野手パク・コンウ選手の代表経験もある面々がベンチスタートとなった。

この試合のKIAの先発投手は右のサイドスローのイム・ギヨン。今回の巨人も相手の先発投手は右の横手投げ青柳晃洋だ。

しかしキム・テヒョン監督はオーダーの背景について「イム・ギヨンは横手投げでも特に左打者を苦手とする投手ではなく、主力の休養のタイミングとたまたま重なった」と後にコメント。元々、右投げ左打ちの選手が多いという選手構成が、左が並ぶ打順を組む一因となった。

巨人は2位に10.5ゲーム差をつけての首位。リーグ制覇への優勝マジック38が点灯している(9月15日現在)。

一方のトゥサンが左打線を組んだのは春先だったが、最終的に2位に14.5ゲーム差をつける独走で公式戦を制した。両チームとも強豪チームによる策という点も同じだ。

もう一つの共通点に、どちらのチームにも後藤孝志コーチが在籍しているということがある。2年前にトゥサンで打撃コーチを務め、打順作成を任されていたのが後藤コーチだった。

(関連記事:「原巨人に加わる『得点コーディネーター』 韓国で実績残した後藤孝志コーチ」スポーツナビ)

トゥサンの2年前の左打ち打線は、先発イム・ギヨンから5回7安打4得点。試合はトゥサンが10-5でKIAに勝利している。