やっぱりロハスだ延長11回に37号決勝2ラン 3年連続の100打点に到達<韓国KBOリーグ>

メル・ロハス(写真:kt wiz/初報から差し替え)

9日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止。ダブルヘッダーを含む5試合が行われました。

4位トゥサンベアーズと、トゥサンを1ゲーム差で追う5位KTウィズの対戦は、2-2で延長戦に突入。

KTは11回表、無死一塁で打席にはこの日ノーヒットの3番メル・ロハス選手が入りました。

ロハス選手はトゥサンの6番手クォン・フィ投手に対し、ファールの後の2球目、甘く入ったフォークボールを豪快にスイング。打球はバックスクリーンの右に深々と飛び込む勝ち越し2ランとなりました。

ロハス選手はホームラン王争いを独走する37号。打点も3年連続となる3ケタに到達しました。

試合は4-2でKTが勝利し、トゥサンと同率の4位に並んでいます。トゥサンの連勝は3でストップです。

◆「海外でプレーするプロ志望者のトライアウト実施」

ドラフトを前に、海外でプレーしKBO入りを希望する選手、また国内野球部を中退したなどの選手向けのスカウトへのアピールの場、「KBO新人ドラフトトライアウト」が行われました。

参加者8名のうち、日本関連では流通経済大4年のアン・ジュンファン外野手、兵庫ブルーサンダースでのプレー経験があるクォン・ヒョンウ内野手、高知ファイティングドッグスでプレーしたソン・サンミン外野手が参加しました。

昨年のトライアウトには安田権守(アン・グォンス)選手が参加し、ドラフトでトゥサンに指名されています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

コヤンヒーローズ(キウム2軍)との2軍戦は、グラウンドコンディション不良で中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が5試合の結果です。

◇9月9日(水)の結果

・トゥサン 2- 4 KT(チャムシル)

 勝:チョ ヒョンウ

 敗:クォン フィ

・SK 4- 13 キウム(インチョン)

 勝:チョ ヨンゴン

 敗:ペク スンゴン

・サムスン 4- 4 ハンファ(テグ)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:

 敗:

・サムソン 0- 7 ハンファ(テグ)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:キム ジンウク

 敗:ウォン テイン

・KIA 中 止 LG(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・NC 5- 7 ロッテ(チャンウォン)

 勝:キム ウォンジュン

 敗:ウォン ジョンヒョン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。