5日の韓国KBOリーグは朝鮮半島南部の2試合が雨で中止。3試合が17時開始で行われました。

コチョクスカイドームのキウムヒーローズ-KTウィズは、KTが8回を終わって8-0と大きくリード。先発のウイリアム・クエバス投手は無失点ピッチングで、最終回のマウンドに上がりました。

クエバス投手は9回表、1死満塁でのセカンドゴロの間に三塁走者がホームを踏み、KBOリーグ2年目で初の完封勝利とはならず。しかし8回2/3を投げて被安打5、7つの三振を奪い、1失点と好投しました。

試合はKTが8-1で勝利し5連勝。クエバス投手は7勝目です。KTはトゥサンベアーズとの同率4位は変わらず、敗れた2位のキウムはLGツインズと入れ替わって3位に後退しました。

この試合、9回表2死でクエバス投手に代わってマウンドに上がったのは、昨季クローザーを務め17セーブを挙げたイ・デウン投手(元千葉ロッテ)でした。

今季のイ・デウン投手は5月の開幕後、8試合に登板し防御率10.13という成績。ファームで調整が続いていましたが、この日、1軍に復帰しました。

イ・デウン投手は5番アディソン・ラッセル選手をライトフライに打ち取ってゲームを締め、5月22日以来、106日ぶりの1軍登板を終えています。

今季開幕直前のイ・デウン(写真:kt wiz/初報時に掲載の写真)
今季開幕直前のイ・デウン(写真:kt wiz/初報時に掲載の写真)

◆「中止ゲームはダブルヘッダーと月曜ゲームに」

この日中止のサムスンライオンズ-NCダイノス(テグ)は6日に14時開始のダブルヘッダーに、ロッテジャイアンツ-LGツインズ(プサン)は7日に順延となり、18時30分開始で行われます。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

5日、SKワイバーンズとの2軍戦は感染症防疫のため、中止となりました。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇9月5日(土)の結果

・トゥサン 5- 1 SK(チャムシル)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:イ ゴンウク

・キウム 1- 8 KT(コチョク)

 勝:クエバス

 敗:ブリガム

・ハンファ 4- 5 KIA(テジョン)

 勝:イ ミンウ

 敗:サーポルト

・サムスン 中 止 NC(テグ)

 勝:

 敗:

・ロッテ 中 止 LG(プサン)

 勝:

 敗:

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。