腹に輝く大きな吊り橋 李大浩3打点の釜山ロッテが地元ユニでハラハラの逃げ切り勝ち<韓国KBOリーグ>

お腹に地元名所が描かれたユニで3打点のイ・デホ(写真:ロッテジャイアンツ)

29日の韓国KBOリーグは1試合が中止に、1試合がサスペンデッドゲームとなりました。

試合が成立した3試合のうち、プサンサジク球場のロッテジャイアンツ-ハンファイーグルスは、ロッテが4番イ・デホ選手の犠牲フライと14号2ランなどで、4回までに8点を挙げて大量リードします。

しかしハンファは5、6、7回に計7点を挙げて猛追。1点差に迫りました。

逃げ切りを図りたいロッテは7回裏、6番ディクソン・マチャド選手に9号ソロが飛び出し、9-7としてリードを2点としました。

ロッテは7回途中から8回を3番手のク・スンミン投手が、9回表を抑えのキム・ウォンジュン選手が0点に抑えてゲームセット。ロッテはハラハラの展開を何とか逃げ切り、9-7で勝利しました。

この日のロッテは胸に「BUSAN(プサン)」の文字、お腹に地元の名所・クァンアン(広安)大橋がデザインされたご当地ユニフォームを着てプレーし、白星を飾っています。

◆「今季2度目のサスペンデッドゲームに」

今季は感染症拡大によりシーズン開幕が遅れたため、試合日程が過密になっています。その対策として「降雨中断ゲームの翌日への持ち越し」という新施策を導入しました。

この日のLGツインズ-トゥサンベアーズ(チャムシル)はトゥサンが2-0でリードの4回表、雨により38分間中断するも、天候が回復しませんでした。

しかし例年のようにノーゲームにはせず、あす30日14時30分に中断した場面から試合を再開。同ゲーム終了後に当初予定の試合を行う、ダブルヘッダーとなります。

同方式のサスペンデッドゲームは今季2度目です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

29日、2軍戦はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇8月29日(土)の結果と途中経過

・LG 0- 2 トゥサン(チャムシル)

 ※ 降雨によりサスペンデッドゲームに

 30日14時30分に4回表から再開

・キウム 4- 5 サムスン(コチョク)

 勝:シム チャンミン

 敗:チョ サンウ

・KIA 中 止 KT(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・ロッテ 9- 7 ハンファ(プサン)

 勝:ストレイリー

 敗:キム イファン

・NC 9- 5 SK(チャンウォン)

 勝:ルチンスキー

 敗:パク チョンフン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。